ハヌル天願宮へようこそ
現在の閲覧者数:

こんにちは
岐阜県在住スピリチュアルカウンセラー
火水ハヌル
(Hanuru Himitsu)です。
現在『霊能者』(シャーマン)として
日本国内及び海外にて
霊視によるカウンセリング
遠隔&対面
行っております。
ハヌルの素顔と
ちょっと不思議で
スピリチュアルな
つれづれ日記をどうぞ♪
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルの最新情報はコチラ↓
Heart Mind and Soul
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルのセッションは コチラでCheck!↓
火水ハヌルのheart mind and soul
* * * * * * * * * *
HPただいま工事中♪
Spiritual healing Salon
   ハヌル
http://hanuru.jimdo.com/
カテゴリ
検索フォーム
1285

皆既月蝕の夜、鏡を打ちました。

暗黒の星で月蝕を起こすという計都星昨夜は皆既月蝕でしたね。現代の私達にとって日蝕や月蝕は天体が行う美しいショー。昨夜も大勢の人々が変わりゆく月を楽しみ寒い中夜空を見上げたことでしょう。ところが かつて世界中で月蝕は凶事の前触れとされていました。特に蝕の最中の月を見る事は見たもの自身にも凶事が降りかかると言われていたり。例えば中国では健康な子供に恵まれないとそんな迷信もあったのだそうです。アメリカの... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b0ec54d4.png"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b0e54d82.png" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br />暗黒の星で月蝕を起こすという計都星<br /><br /><br /><font color="#0066FF">昨夜は皆既月蝕でしたね。<br /><br /><br />現代の私達にとって日蝕や月蝕は天体が行う美しいショー。<br /><br />昨夜も大勢の人々が変わりゆく月を楽しみ<br /><br />寒い中夜空を見上げたことでしょう。<br /><br /><br /><br />ところが かつて<br /><br />世界中で月蝕は凶事の前触れとされていました。<br /><br />特に蝕の最中の月を見る事は<br /><br />見たもの自身にも凶事が降りかかると言われていたり。<br /><br />例えば中国では健康な子供に恵まれないと<br /><br />そんな迷信もあったのだそうです。<br /><br />アメリカのネイティブインディアンの間でも<br /><br />月蝕を見ることはタブーとなっていました。<br /><br /><br />古代の人は「蝕」を恐れました。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">日に之を食する有り、亦孔(はなは)だ之醜(あ)し。<br /> 彼の月にして微(か)け、此の日にして微く。<br />今此の下民(かみん)、亦た孔だ之れ哀しむ</font><br /><br /><br /><br /><br />昔の人は空の色や雲の色 <br /><br />そして太陽を始めとする惑星の動きなどから<br /><br />「天」の意思を感じて生きていました。<br /><br />この世界は人間のものではなく<br /><br />「天」の統治の元にあり<br /><br />「天」の意思にそぐわない時には罰がくだされると考えていました。<br /><br />そして日蝕や月蝕は天が下界へ罰を下すサインだと思い<br /><br />禍々しいものとして非常に恐れていたわけです。<br /><br /><br /><br />現代ではそういったかつてのイメージは薄れ<br /><br />惑星と「天」を関連して考える人は少なくなりました。<br /><br /><br />しかしほんの少し前までは<br /><br />世界中で蝕れた月の力を呼び戻すために<br /><br />月蝕の日に人々は様々な事を行いました。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">有婢上堂来 白我事可驚 <br />天如青玻璃 月若黒水精 時当十分円 只見一寸明 <br />主婦煎餅去 小児敲鏡声 此雖浅近意 乃重補救情 <br />夜深桂兎出 衆星随西傾。(梅堯臣)</font><br /><br /><br /><br /><br />これは梅堯臣が詠んだ月蝕の詩です。<br /><br />ここにはかつて中国で行われていた<br /><br />月蝕の際の習俗が描かれています。<br /><br />月蝕の夜に主婦は餅を焼き子供は鏡を打ったとありますね。<br /><br />例えば、開元天宝遺事(巻下・天宝下)という書物の中の一文にも<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">長安城中、毎月蝕時、<br />即、士女取鑑向月撃之。満郭如是、蓋云救月蝕也。<br />ーー撃鑑救月(鏡を撃って月を救う)</font><br /><br /><br /><br /><br />長安の市中では毎回月蝕の時には、<br /><br />男女ともに鏡を手に取って月に向かってその鏡を打ったともあり、<br /><br />月蝕を満月へ戻す為に鏡を打った様子が描かれています。<br /><br />この鏡は月を模したものだったと想像に難くありません。<br /><br /><br /><br /><br />この他世界の様々な国々で 例えば<br /><br />騒音を立て呪文が月に聞こえないようする<br />(月が呪文によって隠されているので邪魔をする)<br /><br />太鼓を打ち鳴らすなど楽器で騒音立てる<br />(月を我に返らせ正気づかせる)<br /><br />犬を鞭うち吠え声をださせる<br />(月は犬に愛情があるので病の仮眠から目覚める)<br /><br />というようなことを行ったようです。<br /><br />今の私達からすると ちょっと不思議な感じがしますね。<br /><br />でも私はこういう習俗は<br /><br />なんだかとても面白く興味深いと思うのです。<br /><br /><br /><br />そんなわけで私は 昨夜は故事に習い<br /><br />あえて瞑想会などは開くことはしませんでした。<br /><br />昨日の記事でも書きましたとおり<br /><br />昨夜は瞑想や何かをするよりも<br /><br />自分を振り返り <br /><br />変化のエネルギーをいかに考えるかということを<br /><br />現実的に考えていただきたかったからなのです。<br /><br /><br /><br />その代わり月が陰る頃 ひとり鏡を打ち <br /><br />波動音が月と世界を浄化するよう<br /><br />金剛鈴を鳴らし<br /><br />月蝕の儀を行いました。<br /><br /><br /><br />この世界が <br /><br />天のもと宇宙の理の中で<br /><br />エゴから放たれ真なる自立と調和へと進むこと・・<br /><br />そんなことを想像して終わった月蝕の夜でした。<br /><br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br />
1283

【画像有】これぞ超能力!?

超能力  と言えば 誰を思い出しますか?そう 私はやっぱりあの一世を風靡したユリ・ゲラー氏です。ユリ・ゲラー氏と言えばイコール スプーン曲げ。実は、昨日の記事でUPさせていただいた開運画家の加東和さんにお目にかかった際のこと和さんが突然「スプーン曲げやってみようか」と おっしゃりました。なんでも ちょうどFBで繋がってらっしゃる方から陰陽について面白いお話を伺い、その時に心を中庸にするという話があった... <font color="#0066FF">超能力 <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ts/tsumegaeru/1887400.gif" alt="ブロッケン" border="0" /> と言えば 誰を思い出しますか?</font><br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b0088f28.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68afe962d0.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><font color="#0066FF">そう 私はやっぱりあの<br /><br />一世を風靡した<font color="#FF0000"><strong>ユリ・ゲラー</strong></font>氏です。<br /><br />ユリ・ゲラー氏と言えばイコール <font color="#FF0000"><strong>スプーン曲げ</strong></font>。<br /><br /><br /><br />実は、昨日の記事でUPさせていただいた<br /><br /><font color="#FF0000"><strong>開運画家</strong></font>の<font color="#FF0000"><strong>加東和さん</strong></font>にお目にかかった際のこと<br /><br />和さんが突然<br /><br /><strong>「スプーン曲げやってみようか」</strong><br /><br />と おっしゃりました。<br /><br /><br />なんでも ちょうどFBで繋がってらっしゃる方から<br /><br />陰陽について面白いお話を伺い、<br /><br />その時に<strong>心を中庸にする</strong>という話があったそうです。<br /><br />そして <strong>中庸の状態であるとき<br /><br />人は普段なら出来ないと思っている事が<br /><br />すっと出来てしまう</strong>という事実の体験として<br /><br /><font color="#FF0000">スプーンを曲げる</font>という事をやってみたのだとか。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000"><strong>『スプーン曲げ』</strong></font>ですよ、みなさん!<br /><br />今からやってみましょうと 和さんがおっしゃった時<br />なんだかノスタルジックで <br />ちょっとワクワクしてしまいました(笑)<br /><br />何しろ私が幼い頃、<br /><br />かのユリ・ゲラー氏の登場は一大センセーションを巻き起こしました。<br /><br />それまでアニメや漫画の中でしか見た事がなかった<strong><font color="#FF0000">超能力者</font></strong>が<br /><br />TVの中とはいえ 生きている人間として動いているのですから!<br /><br />彼がスプーンを曲げている姿をTV番組で見た日本中の大勢の人が<br /><br />当時スプーンを曲げる事ができたそうですが、<br /><br />私の手に握りしめたスプーンは<br /><br />これっぽっちも曲がる気配はありませんでした。<br /><br />それどころか いっそ力任せに曲げようと思っても手が痛くなるばかり。 <br /><br />すぐに飽きてしまった事を覚えています(苦笑)<br /><br /><br /><br />「じゃあ 僕がその時曲げたスプーンを見てみる?」<br /><br />と 和さんが取り出したのがこの写真に映っているスプーン。<br /></font><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b022c812.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b0105bd4.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><font color="#0066FF">わお! 確かに<strong>この上なく曲がってます!<br /><br />ぐんにゃり いっちゃってます!</strong><br /><br /><br />凄い凄い!と興奮する私に向かって<br /><br />「ハヌルさん 出来るんじゃない?」<br /><br />あっさりとそう言うと和さんは<br /><br />そこにいた私を入れた何人かにスプーンを配りました。<br /><br /><br />そんな風にいわれると <br /><br />途端になんだか緊張してしまうのが私です。<br /><br />木の花ファミリーの創設者である「いさどん」さんから言われたとおり<br />(あ、この事はまだ書いてませんでしたね)<br /><br />私はこの上なくカッコ付け人間なので<br /><br />何事も「できない」「失敗」という事が <br /><br />いかにも恥ずかしいと感じるのです。<br /><br /><br />「僕よりも その陰陽の教えてくれた人のほうが上手に教えるんだけどね~」<br /><br />と 言いつつ<br /><br />順番に意識を中庸へと誘う方法をレクチャーしてもらいます。<br /><br />その方法とは なんと耳のとあるツボを刺激するというもの。<br /><br />その他 ユリ・ゲラーが言っていたのと同じように<br /><br />スプーンそれ自体が柔らかくなった所を感じるようにしていきます。<br /><br />「三回 有り難うございます と 言って 曲げてみて」<br /><br /><br /><br />・・・・・曲がりません。<br /><br /><br />うわーん やっぱり 曲がりません。<br /><br />他の人も やっぱり曲がらないよーとスプーンを見つめています。<br /><br />その時 ふっと頭に浮かんだのが<br /><br />(そうだ 霊視をする時の状態でやってみよう)<br /><br />ということ。<br /><br /><br /><br />他の人は 和さんに再度教えてもらいながら再度チャレンジをしています。<br /><br />それを横目に 私は すうっと息を吐いて<br /><br />そっといつもの霊視をする時の状態へ自分を切り替えました。<br /><br />それは 自分の意識は後頭部のみに残し意識を弛緩させ<br /><br />「全体と調和している」状態です。<br /><br /><br />霊視をしている時<br /><br />私は「自分」を限りなく手放し<br /><br />「そこに在るがまま」にし<br /><br />尚かつ「在るがまま」の自分によってコントロールすることができるのです。<br /><br />この「在るがまま」の状態こそが<br /><br />中庸と言われる状態に似ているのではないかなとふと思ったのでした。<br /><br /><br /><br />私はちょうど前にいた人たちとなんでもない話をしながら<br />(話をしていた相手は<br />私がその状態へ移行して行った事に気がつかなかったでしょう。<br />それほどわたくしにとってはナチュラルなのです。)<br /><br />ふっとその時が来たのを感じ<br /><br />手でそっとスプーンを押し始めました。<br /><br /><br />すると・・・・・・<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b03bb935.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b029869a.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br />なんと<br /><strong>ワイヤーアートのように曲がりました♪</strong><br /><br /><br />一度コツをつかむと簡単で<br /><br />他の人と話をしながら <br /><br />どんどんとクルクル曲げる事が出来るようになりました。<br /><br /><br />やはり 和さんの言っていた中庸というのは<br /><br />私が霊視をしているあの状態なのかもしれません。<br /><br /><br />結局 何度かスプーンは曲がったあげく<br /><br />最終的には ねじ切れて 二つに分断してしまいました。<br /><br /><br /><br />スプーン曲げでわかったことがひとつあります。<br /><br />いえ、再確認した と言うのが本当です。<br /><br /><br />つまり 自分でがむしゃらに力んで<br /><br />「ああしよう」とか「こうしよう」と意識すると物事はうまく行きません。<br /><br />それは世界との間に軋轢や軋みを生み出すばかり。<br /><br />そうではなく ただ世界とチューニングを合わせること。<br /><br />それだけで 色々な事は実現できるのです。<br /><br />力みは必要ないのです。<br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a>
1280

デトックスウェーブ! 今、浄化の波に乗れ。

モリンガ・マルロイの実&ガジュツ粉(富田貴史さんより)  バントーファンの竹布の藍染め褌(蔵原イクヨさんより)なかなかブログが更新できませんが、日々 かなり忙しく過ごしております。実は 先月@の下旬に富士宮の木の花ファミリーへ行ったのですが(これも写メをたくさんとってきたので ブログにかきたいんですが!)その帰り道に出始めた咳がどんどんひどくなり土用の終わりとともに いったん治まったと思ったら再び... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ae5ca60e.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ae49560c.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br />モリンガ・マルロイの実&ガジュツ粉(富田貴史さんより)  <br />バントーファンの竹布の藍染め褌(蔵原イクヨさんより)<br /><br /><br /><font color="#0066FF"><br />なかなかブログが更新できませんが、<br /><br />日々 かなり忙しく過ごしております。<br /><br /><br />実は 先月@の下旬に<br /><br />富士宮の木の花ファミリーへ行ったのですが<br />(これも写メをたくさんとってきたので ブログにかきたいんですが!)<br /><br />その帰り道に出始めた咳が<br /><br />どんどんひどくなり<br /><br />土用の終わりとともに いったん治まったと思ったら<br /><br /><br />再び 咳と 今度は大量の鼻水という形で再来してしまいました。<br /><br />つまり もう ひとつきも<br /><br />激しい咳で がほんがほん やってます。<br /><br /><br />土用からこっち<br /><br />かなり スピリチュアルな出会いの日々を過ごしているのですが、<br /><br />その中で出会ったのは <br /><br />ただ人との出会いだけでなく<br /><br />「もう 十分 毒は楽しんだんじゃないかな」 <br /><br />という自分の心。<br /><br /><br />ちょうど 気になっていたものが<br /><br />どんどん目の前に現れるので<br /><br />これは デトックスのタイミングなのでしょうね。<br /><br /><br />しかも 今は下弦~新月ですしね!<br /><br /><br />今 出ているこの咳も 鼻水も<br /><br />人に話す時は 簡単に<br /><br />「風邪ひいちゃって~」 で 済ませていますが<br /><br />これは 体がデトックスをしているサインなのだと感じています。<br />(というより 基本的に風邪そのものがデトックスなのですが)<br /><br /><br />宇宙の流れの中で<br /><br />出会い 起こり する この波。<br /><br /><br />私は今 自己浄化の波に乗っているようです。<br /><br /><br />せっかくやってきたこのデトックスのウェーブ<br /><br /><br />どうせなので思いっきりサーフして楽しんでみようと考えています。<br /><br /><br /><br />そんな中で 最近 巡り会ったデトックスの友が<br /><br />記事の最初の画像に写っているモリンガの実。<br /><br />少し前から なんだか気になる!と思っていたモリンガでしたが<br /><br />先日の地球暦会合の折り<br /><br />富田貴史さんことタカさんが実物を試食させてくださいました。<br /><br /><br />これが また 強烈で・・・・・・・。<br /><br />良薬は口に苦しといいますが、<br /><br />ああ 昔の人は本当によく言ったものだ!!と・・・。<br /><br /><br />「これ食べて涙を出す人がいるって聞いた事があるけれど、<br />いやー 本当に泣いた人は初めてみた!(タカさん談)」<br /><br /><br />ええ  泣きました。<br /><br />あまりの 味のえげつなさに!<br />(※まったく普通のナッツの味しか感じない人もいます)<br /><br />しかし これが ものすごいデトックスをしてくれる<br /><br />ミラクルマジカルな木の実なのだそう。<br /><br />特に リンパのデトックス 血液浄化 などなど<br /><br />また精神的な鬱症状にも作用を感じる人もいるらしく<br /><br />人によって体だけでなく心のデトックスにも繋がっているのかも?<br />(もちろん体が変化すれば心は変化しますからね)<br /><br /><br />そんなわけで 先日来 <br /><br />泣きながら毎日一粒食べております。<br /><br /><br /><br />そして 細長い袋がガジュツ粉。<br /><br />こちらもタカさんからやってきたミラクルマジカル粉で<br /><br />とある方が10月から商品にしはじめたものを<br /><br />すぐこうして試すチャンスに恵まれたというわけです。<br />(ああデトックスの神が・・・)<br /><br />こちらも<br /><br />リンパのデトックスや血液の浄化 造血作用に良く<br /><br />特に 腸をデトックスし<br /><br />腸のもつ思考の力を高めるのだとか?<br /><br /><br />このあたりは ゆうべ <br /><br />タカさんからチャレンジしてみる?といただいた粉を<br /><br />思いっきり水無しで口へ放り込んだら<br /><br />喉に粉が張り付いてしまい思いっきり悶えて水を飲んでいる時に<br /><br />タカさんが話してくれた事なので<br /><br />いまひとつ記憶が定かではないのですが・・・(すいません)<br /><br /><br /><br />そして 最近気になっていた 竹布。<br /><br />ネット通販が苦手なので どこで購入しようかなぁ・・と迷っていたところ<br /><br />この前の 地球暦会合で クララさんから1枚頂くことに。<br /><br />そしてその竹布の褌が凄く凄く良かったんです。<br /><br />柔らかく 温かく 軽く ふんわりやさしい。<br /><br />鼠蹊部の締め付けがよくないと知りつつも<br /><br />以前 手に入れた麻の褌が今ひとつだったので<br /><br />まあ強情にパンツを貫こう・・と思っていた私ですが<br /><br />相性の問題だったのかもしれませんね。<br /><br />そんなわけで こちら藍染めのものも<br /><br />ゆうべお持ち帰りしてまいりました♪<br /><br />こちらは 本体とひもが別々になっているので<br /><br />自分で裁断して空気パンツ風に仕立ててみようかとも思っています。<br />(そういえば タカさんも自分で褌縫っているそうですよ)<br /><br />ちなみにこの藍染めは クララさんが取り扱っている<br /><br />タイのバントーファンプロジェクトのものだそうです。<br /><br /><br /><br /><a href="http://stat.ameba.jp/user_images/20111123/12/hanuru-sparkmeter/5e/3d/j/o072009<br />6011628525324.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ae649476.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br />こちらは 先日のヘンプカープロジェクトの際に手に入れた<br /><br />麻の実のフレーク。<br /><br />以前 杉山開知さんから<br /><br />レース鳩はその持久力を高めるために<br /><br />麻の実を食べさせるという話を教えてもらった事があり<br /><br />ちょっと試してみたくなり食べ始めてみています。<br /><br /><br />それからこちら!<br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ae8d1880.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ae7db787.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br />この美しい緑!<br /><br />この色を見ているだけで <br /><br />その奇麗さに満足してしまう私なのですが<br /><br />これは 手絞りで非加熱で採油している<br /><br />八百津町のあさみやさんの<br /><br />麻のオイル(ヘンプオイル)です。<br /><br /><br />これがまた 美味しいんです。<br /><br />米粉のバケットを軽くあぶって<br /><br />このオイルをたらり そして岩塩をぱらり・・・<br /><br />ああ 至福!!<br /><br />これを食べたら もう 余計なものは要らないなぁ。。と。<br /><br /><br />あさみやさんはHPも無いので<br /><br />これも「出愛い巡り愛い」で出会えたものだと思っています。<br /><br /><br /><br />麻も竹も 陰性の強い私にはぴったりな素材。<br /><br />ああ 日々 感謝です。<br /><br /></font><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a>
1279

七宗町アースデイ出会い旅!(その1)

11月3日(祝) アースデイ七宗に行ってきました。なんとこれは 関のぷらなと同じ日なんです。この出不精の私がなんと飛び回った事だろうと今更自分ながらに驚いています。(しかもあの体調で!)これまでアースデイというお祭りの名前はよく耳にしてきましたが、実は遊びにいくのは初めてでした。というより、殆どのイベントに行った事がないので、そもそもよく耳にする「お祭り」というものもホンワカと雰囲気を想像してみる... <font color="#0066FF"><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68adc972e5.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68adb8cade.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68ade74f38.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68add173e2.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br />11月3日(祝) アースデイ七宗に行ってきました。<br />なんとこれは 関のぷらなと同じ日なんです。<br />この出不精の私がなんと飛び回った事だろうと<br />今更自分ながらに驚いています。<br />(しかもあの体調で!)<br /><br /><br />これまでアースデイというお祭りの名前はよく耳にしてきましたが、<br />実は遊びにいくのは初めてでした。<br /><br />というより、<br />殆どのイベントに行った事がないので、<br />そもそもよく耳にする「お祭り」というものも<br />ホンワカと雰囲気を想像してみるだけで<br />実際はどんなものなのか わかるようなわからないような?<br /><br /><br />今回アースデイに行こうと思ったのは、<br />タカさん こと 富田貴文さんが<br />アースデイ七宗にてトークイベントを行うので<br />ぜひそれを聴いてみたいと思ったのです。<br /><br /><br />実は これまで タカさんとは<br />チーム地球暦の会合でご一緒させていただいているけれど、<br />一緒にタバコを吸いながら空を眺めたり、<br />飲みながらの雑談話をしている事はあっても<br />タカさん自身のセミナーやWSに参加した事がありませんでした。<br /><br />一年中日本全国を飛び回り、<br />年間200本のセミナーやWSをこなしつつ<br />原発について 暦について幅広く語る<br />「わたしにつながるいのちの ために」の著者?富田貴史さん。<br /><br /><br />そう 私は、<br />タカさんがどんな事を話すのか<br />そもそも「どんな人」なのか<br />それをトークイベントに参加することにより<br />知ってみたいなと思っていたのでした。<br /><br /><br />ところが11月3日はちょうど土用の最中。<br />すっかり風邪を引き込んでいて<br />前日から頭は重く 熱があり 咳もひどく<br />なにより機嫌も気分も悪い状態に。<br /><br /><br />何度も時計を眺めては、<br /><br />(・・行くのやめようかな)<br /><br />と 逡巡していました。<br /><br /><br />そのくせ タカさんのイベントがあるのでなければ<br />アースデイというイベントに行ってみる事なんかまずなさそうで<br />折角のタイミングを失うのもなぁ。。と<br />モヤモヤ考えがまとまりません。<br /><br /><br />最終的に ふとTwitterで検索をしてみたら<br />何人かアースデイに向かっているという見知らぬ方のツイートを発見。<br />それを見ているうちに、<br />体調はまったく悪いのだけれど、<br />勢いづいて行ってみよう!と急いで準備をして出かけました。<br /><br /><br /><br /><br />生まれて初めてのアースデイは<br />なんとも のんびり和やかムード。<br /><br /><br />ライブスペースからは ジャンベやいろんな音楽の演奏が聞こえ<br />あちこちで 輪になって踊ったり <br />ヒトリで また二人で と<br />思い思い音に揺られて楽しんでいる人たちがいました。<br />また、子供たちが楽しそうに遊んでいたり<br />ペットを連れた人たちや カップルが<br />いろんなお店を覗いたりして<br />自由きままに楽しんでいる雰囲気です。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68adfead87.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68adee5540.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><font color="#333333">こんな南三陸町の物産展のブースも。</font><br /><br /><br />あちらこちらに美味しそうなお店がたくさんあって<br />思わず目移りしてしまいますが、<br />まずは タカさんのイベントの時間を確認!と<br />スケジュールを見に行ったところ・・・<br /><br /><br /><br />なんと。<br /><br /><br /><br />ちょうど 終了していました。<br /><br /><br /><br />ガビン!<br /><br /><br /><br />ああ 今更ながらに<br />迷っていた時間が本当に惜しかった!!<br /><br /><br /><br />最大の目的を見失ってしまい、<br />ちょっと遠い目になった私。<br /><br /><br />(・・・仕方が無い<br />せめてタカさんに遊びに来た事だけ伝えて<br />それでもって何か美味しいものでも食べて帰ろう!<br />ああ・・ガッカリだー・・)<br /><br /><br /><br />大きい体をうなだれさせて<br />とぼとぼ歩きだすと<br /><br /><br />「あら!ハヌルさん!」<br /><br /><br />思いもかけない人が私に声をかけました。<br /><br /><br />(続く)</font><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a>
1263

仙人の住む俗離山より。

体力が皆無に近い私。季節の変わり目は、通常より5割り増しで横になって休む時間が必要になります 古くからお付き合いしてくださっているお客様のHさんがそんな私へプレゼントを送ってくださいました。これは 韓国の俗離山のお水なんだとか 「ミネラルたっぷりの鉱泉水だそうです。お体大切になさってくださいね」という 有難いメッセージまでいただきました 実は アストロマップで見ると韓国には私は火星のラインが走って... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68a892c406.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68a878b74a.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">体力が皆無に近い私。<br /><br /><br /><br />季節の変わり目は、<br /><br />通常より5割り増しで<br /><br />横になって休む時間が必要になります <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ni/nikoblog-2/2354660.gif" alt="zzz" border="0" /><br /><br /><br />古くからお付き合いしてくださっているお客様のHさんが<br /><br />そんな私へプレゼントを送ってくださいました。<br /><br /><br /><br />これは 韓国の俗離山のお水なんだとか <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/209976.gif" alt="おおーっ!!" border="0" /><br /><br /><br />「ミネラルたっぷりの鉱泉水だそうです。<br /><br />お体大切になさってくださいね」<br /><br />という 有難いメッセージまでいただきました <img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif" alt="アップ" /><br /><br /><br /><br />実は アストロマップで見ると韓国には<br /><br />私は火星のラインが走っているのです。<br /><br />そして 俗離山といえば<br /><br />韓国でも高名な仏寺があり<br /><br />かつて世祖が訪れたことでも有名な景勝地です。<br /><br /><br />また その昔は<br /><br />その名のごとく 俗世を捨てた人々が<br /><br />住林期をすごす場所でもあったようです。<br /><br /><br /><br />なにより ここにはなんと<br /><br />多くの仙人が集い修行を重ねていたと言われ<br /><br />いまでも仙人が住んでいると噂されている<br /><br />知る人ぞ知る韓国のパワースポットでもあるのです。<br /><br /><br /><br />先日 るしえるさんから<br /><br />私の霊能力の源は<br /><br />火星から来ているのではないかというお話を伺っていますし、<br /><br />こんな火星ラインのパワー溢れるお水をいただいたなら、<br /><br />元気になること間違いなしかも<img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/040.gif" alt="はてなマーク" /><br /><br /><br /><br /><br />何より Hさんの温かいお心使いが<br /><br />私に元気を運んでくれた気がします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/rs/rs-vanilla/69524.gif" alt="ハート☆" border="0" /><br /></font><br /><br /><br /><br />どんなお水が気になる方のために<br />amazonで見つけましたので貼っておきますね<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/la/lazyholic/1123330.gif" alt="こちら" border="0" /><br /><br /><a href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=16837106" alt0="BlogAffiliate" target="_blank" rel="nofollow">鉱泉水 ミネラルウォーター 2L×12本(シュリンク)[俗離山(ソンリサン)国立公園採水]/朝日食品<br /><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41937e4JWEL._SL160_.jpg" border="0" /></a><br />¥3,150<br />Amazon.co.jp<br /><br /><br /><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br />
1252

この世でないところを覗く人。(画家:マシマタケシさん)

幸せのいろ 目覚めのかたち/マシマ タケシ¥2,100Amazon.co.jp一度も会ったことが無い人なのに、何故か会った事があるような気持ちになる人がいる。私にとって、先日お目にかかったマシマタケシさんという方がそういう方だった。何しろ 私はてっきり何処かで「本当に会った事がある人」だと思ったのだから。まさか 初対面だなんて思いもせずに、「以前お会いしましたよね」なんて声をかけてしまったのだもの。「何故か会ったこ... <a href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=16483304" alt0="BlogAffiliate" target="_blank" rel="nofollow">幸せのいろ 目覚めのかたち/マシマ タケシ<br /><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41WCoxOSOoL._SL160_.jpg" border="0" /></a><br />¥2,100<br />Amazon.co.jp<br /><br /><br /><font color="#0066FF"><br />一度も会ったことが無い人なのに、<br />何故か会った事があるような気持ちになる人がいる。<br /><br /><br />私にとって、<br />先日お目にかかったマシマタケシさんという方が<br />そういう方だった。<br /><br /><br />何しろ 私はてっきり何処かで<br />「本当に会った事がある人」だと思ったのだから。<br /><br /><br />まさか 初対面だなんて思いもせずに、<br />「以前お会いしましたよね」なんて<br />声をかけてしまったのだもの。<br /><br /><br />「何故か会ったことがある気がする」という言葉が持つ<br />なんだか意味深でファンタジックな響きとは全然違って、<br />もっとリアルに本当に何処かで会っていると思ったのだ。<br /><br /><br />ただ、自分自身「会ったことがありますよね?」と口に出した瞬間、<br />その言葉に違和感を覚え、何か掴んでいた記憶の糸が、<br />ほろほろと手からこぼれて消えていくような感覚がした。<br />そうして消えてしまった記憶をぐるぐると追いかけてみたものの、<br />何処でお目にかかったのやら、さっぱり思い出せはしなかった。<br /><br /><br />実際のところ、<br />私は普段 人の集まるようなところには殆ど出て行かないし、<br />会ったことがあるという確信めいたものがあった癖に、<br />じゃあ何処でと思っても、思い当たるような事は何年も無いはずだった。<br /><br /><br />何より、私に「会ったことがありますよね」<br />と問われたマシマさんから返った言葉も<br /><br /><br />「いや、会ったこと 無いと思う」<br /><br />だったのだから。<br /><br /><br />私は かなり気まずい思いをして、<br />大きな体を小さくして座りなおした。<br /><br /><br /><br />ところがだ。<br /><br /><br /><br />しばらくして マシマさんが私の元へやってくると<br />少し おろおろとした私の手を両手で掴むや<br />その手を上下にブンブンと振り<br />ニコニコと微笑んでこう言ったのだ。<br /><br /><br /><br />「会った事あるよね!実は俺も君の顔を見たときそう思ったんだよ」<br /><br /><br />「・・・え?やっぱり?」<br /><br /><br />髭を生やして 髪を後ろにひとつに束ねたマシマさんは<br />確かに印象の強いタイプで、<br />きっと誰でもどこかで会っているなら何かしら覚えているような人なのだ。<br /><br />「えーと 何処でお目にかかりましたっけ」<br /><br /><br />記憶が定かでないことの落ち着かなさが気持ち悪く<br />失礼だとは分かっていながら、<br />そう聞かずにはいられなかった。<br /><br /><br />マシマさんは 私のその言葉を聞くと<br />ふっと 笑顔を引っ込めて<br />真面目な顔 いや いっそ 少し怖いような目で<br />こう私に言ったのだ。<br /><br /><br /><br />「〝此処〟じゃないよ。〝此処じゃない違う所〟」<br /><br /><br />あ、ああ そうですねと<br />私は 気が抜けたような 所在無い声を出した。<br /><br /><br />マシマさんの言う「此処じゃない違う所」が、<br />今のこの時代 この次元ではないと <br />そう言っているという事はピンときた。<br />けれど私は、そういう『スピリチュアルな世界観』を<br />初対面でポロっと口にする人に対してアレルギーがあり、<br />逆に 少し心にシャッターが下りたような<br />しらっとした気持ちになったのだ。<br /><br />それは マシマさんのせいではなくて、<br />私の中から拭い去ることが出来ずにいる、<br />「スピリチュアルな事は恥ずかしい事」という<br />根深い思いのせいだった。<br />(この事については、某ふくたまさんとお話した<br />"霊能の家系の母子関係について"が面白かったので、<br />覚えていたらそのうち記事にしたいデス。)<br /><br /><br /><br />そんなこんながありつつ、<br />しばらくどうでもいい話をしていたのだが、<br />ふとマシマさんが<br />iphoneの中に入っている絵を見せてくれた。<br /><br /><br />そう、マシマさんは画家だったのだ。<br /><br />今年の春東京へ戻るまで<br />屋久島の自然の中で暮らし、<br />コムデギャルソンのイラストを始め<br />独自のスタイルで様々な絵を書き続けているアーティストであり、<br />そしてまた全国を回りながら、<br />様々な人の魂の顔の絵を描き<br />その地空間を対象者とともに作り上げる<br />独特の「お手前」というセッションを行っている。<br /><br /><br />私は不勉強で<br />マシマさんと出会うまで<br />その絵を見たことが一度も無かった。<br /><br /><br />ところがそのiphoneの中の絵を見たとき<br />私は 心の中で 小さく声をあげていた。<br /><br /><br />(この世界を私は知っている)<br /><br /><br />一枚 また 一枚<br />iphoneの画像フォルダをめくっていく。<br /><br /><br />見れば見るほど その思いは強くなっていく。<br /><br /><br />(この世界は 私が観ているあの世界の一部だ)<br /><br /><br />一見 それは ふわっとして<br />美しい そして時に可愛らしい絵だった。<br />しかし、その絵の中には、<br />清く美しく温かなものに混じって、<br />暗く重く蠢き広がる「あれ」が存在しているのだ。<br /><br /><br />(どうしよう。失礼だろうか・・・?)<br /><br /><br />一瞬迷う。<br />しかし、私は自分の感じたことを、<br />そのまま思い切って伝えてみた。<br />勿論、私が観ている世界だとは言わなかったけれど。<br /><br /><br />すると。<br /><br /><br />「そう!そうなんだよ!<br />僕の絵はただ明るく清いものじゃないんだ。<br />・・・こっちの絵はどうだい?可愛いだろう?」<br /><br /><br />彼が示した絵を見ると、<br />それは まるで小さなお地蔵さんが<br />ごく柔らかな光に包まれているような<br />そんな絵だったのだが。<br /><br /><br />確かに 可愛い。<br />お地蔵さんは軽く目を閉じて微笑んでいる。<br />しかし、私には、それはただ可愛い絵には見えなかった。<br />私の目には、物凄い律動するまばゆい光が観えたのだ。<br />それはあまりに濃密な生命の凝縮だった。<br /><br /><br />「私には ただ可愛いんじゃなく<br />物凄い生命エネルギーの塊のような感じがします」<br /><br /><br />今度は素直にそう口に出していた。<br /><br /><br /><br />「・・君は感性が凄いね。<br />そのとおりだよ、これは命の塊の絵なんだよ」 <br /><br /><br />ああ やっぱり。<br /><br /><br />「私 多分観たことがあるんです それを」<br /><br /><br />はじめにアレルギーを起こしていた私が、<br />このとき自ら自分の観ている世界について語りだしていた。<br /><br /><br /><br /><br />(予想以上に長くなったので続きます<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/fa/fairy-of-lily/162408.gif" alt="ガーン..." border="0" />)</font><br /><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
1230

「好きな事」は本当に辛くないのか。

人間は毎日「何か」をして生きている。そうして暮らしている中で、やりたくないことや苦手な事が誰にでもある。例えば仕事。やってもやっても終わらないし、なんだかうまくいかないし、つまらない。そんな時にこんな言葉が浮かぶだろう。「自分の好きな事が仕事ならいいのに!」「天職なら仕事で嫌な事なんてないのかも」そうして ああ仕事辞めたいな・・とかきっともっと自分に向いているものがあるのよ。それが何だかわからない... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef689e5d2b73.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef689e553062.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">人間は毎日「何か」をして生きている。<br /><br /><br />そうして暮らしている中で、<br />やりたくないことや苦手な事が誰にでもある。<br /><br /><br /><br />例えば仕事。<br />やってもやっても終わらないし、<br />なんだかうまくいかないし、つまらない。<br />そんな時にこんな言葉が浮かぶだろう。<br /><br /><br />「自分の好きな事が仕事ならいいのに!」<br /><br /><br /><br />「天職なら仕事で嫌な事なんてないのかも」<br /><br /><br /><br />そうして ああ仕事辞めたいな・・とか<br /><br />きっともっと自分に向いているものがあるのよ。<br />それが何だかわからないけど、楽しい何かが。<br /><br />なんて 思いながら、友達に愚痴電話をしてみたり。<br /><br /><br /><br />確かに向き不向きというものはあるだろう。<br />同じ事をやっても伸びやすかったり、<br />進みやすいという差は存在する。<br /><br /><br /><br /><br />しかし、<br />向いている事が好きな事とは限らない。<br />好きどころか、関心すらわかないこともある。<br /><br /><br /><br />だいたい人は、<br />自分が出来ない事苦手な事には目を向けやすいが<br />簡単にできる事や苦も無くできることは<br />面白みを感じなかったり すぐ飽きてしまったりしがちだ。<br /><br /><br /><br /><br />本屋に行くまでもなく、<br />ネットを少し眺めていれば、<br />「本当に好きな事なら辛くない」なんて言葉が眼にはいる。<br />似たような言葉で、<br />「魂が喜ぶ事をしよう」なんてものもある。<br /><br /><br /><br />仕事に限った事ではなく、どんな物事でも、<br />必ず苦心して頑張らねばならない事や時が出てくる。<br /><br /><br />スポーツ選手が夏の暑い盛りに、<br />必死になって走り込みをしている時<br />彼らは楽しくて仕方がないなどと思っているだろうか?<br /><br />連載を抱える漫画家は、何日も徹夜をして体を削る。<br />彼らは編集や売り上げを無視して<br />ただ自分の描きたいものを楽しく描いているのだろうか?<br /><br /><br />面白みと楽しさは、あくまでも入口にすぎず、<br />そこから先は進歩していく為に<br />いつも先が見えず壁を感じながら努力をしていくしかない。<br /><br /><br />一方、好きな事だから辛くはないというのは<br />同じように味わっているその苦しさよりも、<br />その壁を超えていこうとする集中力の方が高まるからなのだ。<br /><br />この集中の時 私たちの脳は<br />麻薬物質であるエンドルフィンを大量に分泌する。<br />それによってしんどさや苦しさは感じにくくなるのだ。<br />モルヒネの7倍の作用を持つとされる<br />この脳内麻薬の働きによって喜びを味わうと<br />私たちはその物事を楽しい事だと学習し、<br />その物事を「好きな事」と思うようになるのである。<br /><br /><br /><br />例えば魂が喜ぶ事と言っても<br />そもそも魂とは何かということすら<br />「ふんわりとなんとなく<br />分かっているような分かってないような」だったとしたら<br />それを喜ばせるなんてことは、<br />とてもとても難しい事だろう。<br /><br /><br />「天職」や「本当に好きだと思う事」は、<br />集中してとことん向き合って真剣に行うことによって<br />初めて後から被せられる称号のようなものだ。<br /><br /><br /><br />言葉の魔法はあなたに目くらましをかける。<br />まず とことん 真剣に 事にあたろう。<br />自分の持てる力をとことん費やしたと<br />自画自賛できるほどにやってみよう。<br /><br /><br />その上で 初めて道は開ける。<br /><br /><br /><br />真面目で正直者が神様に好かれるのは、<br />彼らが、ひがんだり怠けたりと<br />余計な事を考えず、<br />目の前の事を淡々と行うからなのだろう。</font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000030266.jpg" width="151" height="125" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/">☆にほんブログ村</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
1229

『アセンション』 とヘリオセントリックという視点。

昨日の続きです。(昨日の記事はコチラ→地球中心という思考)ジオセントリック、すなわち地球中心という意識の中では私たちはその視点を、自己中心的なものとして持っている。ただし自己中心的というのは、決して悪い意味ではない。世界を映し出すカメラが、自分という定点に備えられて360度を見渡しているという事なのだ。けれどカメラはそれを持つ自分だけは写すことができない。それがためにカメラが映し出す情報を処理する... 昨日の続きです。<br />(昨日の記事はコチラ→<a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-10927382249.html" target="_self">地球中心という思考</a>)<br /><br /><font color="#0066FF"><br />ジオセントリック、<br />すなわち地球中心という意識の中では<br />私たちはその視点を、自己中心的なものとして持っている。<br /><br />ただし自己中心的というのは、決して悪い意味ではない。<br />世界を映し出すカメラが、<br />自分という定点に備えられて360度を見渡しているという事なのだ。<br /><br /><br />けれどカメラはそれを持つ自分だけは写すことができない。<br />それがためにカメラが映し出す情報を処理する際に使うアプリが<br />自分の五感や感情というものを情報の上に乗せてしまう。<br />そうでなければカメラを持っている自分はただの傍観者であり、<br />唯一世界に属さないものになってしまうからだ。<br />そうして世界は補完され「私がいる世界」が生み出される。<br />ここに 一般的な意味での「自己中心的視点」が現れる。<br /><br /><br />このジオセントリックの視点の中では<br />全体性や客観性という「他人」とのつながりや関わりで生まれるものよりも<br />あくまでも個人の感覚やエゴに意識が囚われ、<br />狭い殻の中で反響する事象を眺めている事に気づく事ができない。<br /><br /><br />それゆえに私たちは、その感情の嵐すら<br />実は反響の結果のエコーに過ぎない可能性を見ることもなく<br />ただ、「自分」に夢中になってしまう。<br />世界から一人切り取られた孤独を握りしめてしまうのだ。<br /><br /><br />それは おそらく<br />ヘリオセントリックという視点を、<br />忘れてしまったせいなのかもしれない。<br /><br /><br /><br />ヘリオセントリックとは太陽中心的思考である。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">ヘリオセントリックでは、<br />まず太陽系全体を一個人とみなします。<br />つまりあらゆる人の自我の中心は「太陽」にあり、<br />そこから地球上に釣り糸を垂れるようにして<br />「肉体としての自分」が生まれている、という見方になります。<br />太陽からの光線は地球を始め、あらゆる惑星に降り注ぎます。<br />つまり、本来一つであった太陽から、<br />さまざまな「分身」が各惑星に降りていくイメージです。<br />今いる「肉体的な自分」はそうした「太陽の分身魂」の一つといえるでしょう。</font><br /><br /><br /><br />ヘリオセントリックという視点では、<br />これまで私たちがもっていた定点カメラは天へと上り、<br />「今ここにいる自分」すらも映し出す。<br />その俯瞰図において私たちは、<br />個人の感情やエゴよりも他者とのつながりを感じ始め<br />もっと高い視点より物事を見、考える事が可能になるだろう。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">・・ヘリオセントリックは、ジオセントリックより上の次元から<br />俯瞰的に物を考えます。<br />個人的ないがみあいや取り越し苦労(これは惑星の逆行のことです)が<br />急速に減少します。<br />またジオセントリックの場合、常に、<br />「地上から逃げ出そう」という意識が強く働くため、<br />日常生活に細かくのめりこんでいるわりに<br />投げやりになったりするわけですが、<br />”物事に意識的に取り組む”場合には、<br />ヘリオセントリックの視点が重要になります。</font><br /><br /><br /><br />世界を高い位置から眺めてみれば<br />水星 金星 地球 火星 木星 土星 <br />それらが太陽を中心にしてまわり<br />ひとつの単位とみえるだろう。<br />そして、それぞれの惑星に<br />私たちのパーツが存在している。<br />そう それはまるで<br />太陽系という人体の中で輝くチャクラのように。<br />その視点で見てみれば<br />私たちは個でありながら全体であるという意識は<br />真なる意味を持っていることが理解できる。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000">本来アセンションとは、<br />こうした視点、つまり地球より高次元からの視点が<br />回復することを意味します。<br />銀河系の中にある恒星や、<br />太陽の次元からの全惑星意識を通じ、<br />地球へと降りてくる流れなのです。<br /></font><br /><br /><br /><br />過剰と減少はどちらも片手落ちなものだ。<br />どんなことでも偏りは新たな課題を生み出していく。<br /><br /><br />これまで ジオセントリック的意識が過剰であった人にとっては<br />ヘリオセントリックを意識することにより<br />他人との比較や競争が浮かびにくくなっていくだろう。<br />そして地球に生まれてきた意味や、<br />何故自分がここにいなくてはいけないのかといったことへ<br />個人のエゴを排除した視点での気づきを得る事ができる。<br /><br /><br />逆に中には、ヘリオセントリック的意識が過剰である人もいる。<br />これはひとつの課題を終えて、<br />今生が次の違う学びのステージに入っている人に見受けられる気がする。<br />そのような人にとっては、ジオセントリック的思考を意識することにより、<br />肉というものを得て生まれた「個人」や、<br />五感が自分にどのような影響を与えるのかを学ぶチャンスになるだろう。<br /><br /></font><br /><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000030266.jpg" width="151" height="125" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/">☆にほんブログ村</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br />
1228

【地球中心】という思考。

「意識を宇宙へ飛ばす」スピリチュアルに関心のある方なら、こういう言葉をよく目にしたり耳にしたりするかもしれない。巷にポップスピリチュアルが溢れている今、この言葉は本来の意味よりも随分と卑小なとらえ方をされているような気がする。これはポップスピリチュアルには私たちが地球という惑星やそしてこの肉体というものに縛られているがために宇宙意識とコネクトできないと考える少し偏狭なジオセントリック的思考が入り込... <a id="i11298456934" class="detailOn" href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef689dcd0351.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef689dcd0351.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">「意識を宇宙へ飛ばす」<br /><br />スピリチュアルに関心のある方なら、<br />こういう言葉をよく目にしたり耳にしたりするかもしれない。<br /><br /><br />巷にポップスピリチュアルが溢れている今、<br />この言葉は本来の意味よりも<br />随分と卑小なとらえ方をされているような気がする。<br /><br /><br /><br />これはポップスピリチュアルには<br />私たちが地球という惑星や<br />そしてこの肉体というものに縛られているがために<br />宇宙意識とコネクトできないと考える<br />少し偏狭なジオセントリック的思考が<br />入り込んでいる為ではないだろうか。<br /><br /><br />ここに見えるのは<br />精神や霊を肉よりも高く価値あるものだとするフィルターで、<br />それはまるでかつて日本が文明開化によって、<br />西洋のものはすべからく高邁で素晴らしいものであり<br />日本古来のものは古臭く愚かで恥ずべきものだとする考えに<br />どこかしら似ている気がするのだ。<br /><br /><br /><br />実際の所 肉は有限であり霊は無限の世界に属している。<br />精神はその中間を結ぶ場所に属しているだろう。<br />しかし 無限が価値あるもので有限が無価値であるというわけではない。<br /><br /><br /><br />ジオセントリックな思考に関して<br />少し松村潔さんの言葉をお借りしてみよう。<br />(これは占星術について語られたものだが、<br />「思考」という言葉に置き換えて読んでみても差し支えなく<br />分かりやすい言葉だったのでお借りする事にする)<br /><br /><br /><font color="#FF0000">ジオセントリック(注:地球中心)を使っていると、<br />自分たちの生活がかなり偏ったものになっていても<br />「自分」を中心に見ているため<br />まったくそのことに気づきません。<br />特にジオセントリックは月を重視するため、<br />月が表すような誰とも共有できない個人的な思いや<br />感情の嵐のようなものを課題に評価しすぎる傾向があります。<br /></font><br /><br /><br />本来地球上にいる自分の肉体が持つ、<br />五感やそこから生まれる価値観などを通じて<br />私たちは「世界が自分にはどのように見えるのか」を知っていくのが<br />ジオセントリックなのである。<br />しかし一方で、<br />ジオセントリックは自我が肥大してしまう危険を孕んでいる。<br /><br /><br /><font color="#FF0000">ジオセントリックは<br />「地球から太陽へ」向かおうとする視点ですから、<br />地上で生まれた人間が、<br />地上から逃げ出すための方向性を示すものとみなされます。</font><br /><br /><br /><br />つまり、視点が「自分」にあるのだという意識が欠落してしまうと<br />自分の感情や思考にとらわれてしまい<br />「個人の発展力」を生み出す代わりに<br />「ここではないどこか」に素晴らしいものがあるという<br />さらなる錯覚を呼んでしまうのだ。<br /><br /><br />ここの捉え方を勘違いしてしまうと<br />所謂ポップスピリチュアルの罠にはまってしまう。<br /><br /><br /><br />では ジオセントリックを健全に生かしていくには<br />どのように考えるのか。<br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br />少し長くなったので続きます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000030266.jpg" width="151" height="125" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritual/">☆にほんブログ村</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br />
1170

UFOが聖地エルサレムに現れた?

1月28日夜イスラエルのエルサレムにUFOらしき飛行物体が出現したとのことでアメリカではニュースでも流れ一部で噂になっているようです。UFO(仮)は上空からゆっくりと降下てきたかと思うとしばらくホバリングしものすごいスピードで一気に飛び去っています。この飛行物体が現れた場所は聖地である岩のドーム上空。この岩のドームがある場所一帯は神殿の丘と呼ばれかつてユダヤ人の神殿があった場所であり後にイスラム教の聖地と... <iframe title="YouTube video player" width="292" height="249" src="http://www.youtube.com/embed/uHEyEYyQ5UI?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">1月28日夜<br />イスラエルのエルサレムに<br />UFOらしき飛行物体が出現したとのことで<br />アメリカではニュースでも流れ<br />一部で噂になっているようです。<br /><br /><br />UFO(仮)は<br />上空からゆっくりと降下てきたかと思うと<br />しばらくホバリングし<br />ものすごいスピードで一気に飛び去っています。<br /><br /><br />この飛行物体が現れた場所は<br />聖地である岩のドーム上空。<br />この岩のドームがある場所一帯は神殿の丘と呼ばれ<br />かつてユダヤ人の神殿があった場所であり<br />後にイスラム教の聖地となった場所でもあります。<br /><br /><br />動画を見る限りでは<br />飛行物体はかなり光り輝いているように見えますが<br />実際多くの観光客が目撃しているそうです。<br /><br /><br />現代でなければ<br />これを見た人はきっと<br />何か天使か悪魔の類が現れたと思ったかもしれませんね。<br />(スーパーサイヤ人が現れたとの書き込みもありましたが<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/po/poohka27/1298624.gif" alt="パンダ" border="0" />)<br /><br /><br /><br /><br /><iframe title="YouTube video player" width="292" height="249" src="http://www.youtube.com/embed/7RF87eEUXmM?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />この物体が<br />高速で飛び去る様子がかなりはっきりとわかりますね.<br /><br /><br /><br /><br /><iframe title="YouTube video player" width="389" height="249" src="http://www.youtube.com/embed/buOJt32n2C4?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />飛び去った後<br />上空に赤い点滅する何かがいる様子が映し出されています <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/209976.gif" alt="おおーっ!!" border="0" /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_16.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br />
1142

不運は理解することによって去る。

運がいいとか悪いとか私たちは良く口にする。でも 運というものは知ることによって変化する部分がある。知る つまり  芯で理解することそれによって不運は去っていく いえ不運がそこで消失することすらあるのだ。では なぜ 理解すると不運を回避できるのか。それについて やっと書けるような気がしているので明日以降 このテーマをUPしたいと思ってます。(本当は今日書きたかったんだけどあまりに疲れているので明日書く... <br /><font color="#0066FF">運がいいとか悪いとか<br /><br /><br />私たちは良く口にする。<br /><br /><br /><br /><br /><br />でも 運というものは<br /><br />知ることによって変化する部分がある。<br /><br /><br /><br /><br />知る つまり  芯で理解すること<br /><br /><br /><br /><br />それによって<br /><br /><br />不運は去っていく いえ<br /><br /><br /><br />不運がそこで消失することすらあるのだ。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />では なぜ 理解すると<br /><br /><br />不運を回避できるのか。<br /><br /><br /><br /><br /><br />それについて <br /><br />やっと書けるような気がしているので<br /><br /><br />明日以降 このテーマを<br /><br /><br />UPしたいと思ってます。<br /><br /><br /><br />(本当は今日書きたかったんだけど<br />あまりに疲れているので明日書くことに・・)<br /><br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_18.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_31.gif"></a>
1138

間違った人生のくじは引き直せますか?:Sくんのはなし。

少し前の話になりますがとあるところで世界を放浪中、一時帰国して次の国からの資金を貯めている最中という20代の男子 Sくんと出会いました。実はお店のスタッフさんだったSくん。机の上の食器を片付けていた手を止めると急にこちらを向いて「あの 教えてほしいんですけど」と声をかけてきました。「あの 間違った人生のくじをひいても横の違うくじを引きなおせばなんとかなりますか?」私は 思わず苦笑してこう答えました。... <font color="#0066FF">少し前の話になりますが<br />とあるところで<br />世界を放浪中、一時帰国して<br />次の国からの資金を貯めている最中という<br />20代の男子 Sくんと出会いました。<br /><br /><br />実はお店のスタッフさんだったSくん。<br />机の上の食器を片付けていた手を止めると<br />急にこちらを向いて<br /><br />「あの 教えてほしいんですけど」と<br /><br />声をかけてきました。<br /><br /><br /><br />「あの 間違った人生のくじをひいても<br />横の違うくじを引きなおせばなんとかなりますか?」<br /><br /><br /><br />私は 思わず苦笑してこう答えました。<br /><br /><br /><br />「Sくん 間違いって何? <br /> 誰が間違いと正しいの判定をするの?」<br /><br /><br />「いや、だって、ハヌルさんは<br />こっちに行くと間違っているからこっちへって<br />そういう風に教えてくれるんでしょう?」<br /><br /><br />彼の目をみると<br />単なる好奇心ではなく<br />真剣に質問しているんだなということが<br />見て取れました。<br /><br />そこで私も<br />これは真面目に答えてあげようと思い<br />お茶をいっぱい頂戴なと言いながら<br />彼の方を向くとこう答えました。<br /><br /><br /><br />「熱い薬缶があったとするね<br /><br /><br /><br />熱いから触ったらあかんで!と言うだけで <br />これは危ないんだなとわかる人がいる<br /><br />触って焼けどをして、これは危ないんだなとわかる人がいる<br /><br />触って大やけどをして腕を無くして、危ないとわかる人がいる<br /><br /><br /><br />そのどれも正解ではないし どれも間違っては無い。<br /><br />結局教えられていることは同じなんや。<br /><br />人は勘違いしやすいけれど、<br /><br />損得と正誤は違うんよ。<br /><br />『間違い』はないの。<br /><br />ただ、遠回りや近道だと思える道はある。<br /><br />私はそれを話すだけなのよ」<br /><br /><br /><br /><br /><br />「正解はないんですか?」<br /><br /><br /><br /><br />「すべて正解 すべて間違い <br /><br />どっちもあるし どっちも無いの。<br /><br />すべてがあって すべてがない」<br /><br /><br /><br /><br />私は 出されたお茶を一口のむと <br />ふ と小さな息をつき<br /><br /><br /><br />「私はそう思ってるんよ」<br /><br /><br /><br /><br />Sくんは 一瞬 ふぅむと考え込むと<br /><br />わかるようなわからんような・・と一瞬考えたような顔をしましたが <br /><br />にっこり笑って<br /><br /><br /><br />「温かいお茶汲みなおしましょか?」<br /><br /><br /><br />と言うとすっと立ち上がりました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />あれから<br />月日が流れました。<br /><br /><br />Sくんは 今 どこの旅の空でしょうか。<br /><br />禅問答のような私の答えが<br /><br />彼の旅の中でどう響いたのか<br /><br />ちょっと聞いてみたいような気がします。<br /><br /><br /></font><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_16.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br />
1119

それで今日も愚痴って終わるの?

最近とあるビジネスブログを拝読してある単語に出会いました。それは 5% というものです。つまりいろんな方がいろんなセミナーを聞き色んな本を読み色んな手法を手に入れますが実際にそれを活用して行動を起こすのは5%に過ぎないということです。その方は もちろんスピリチュアル関連の方ではありません。しかし私は長い間 霊視セッションを行ってきてこの5%という数字に共感を覚えました。セッションで霊視をするとその... <font color="#0066FF">最近とあるビジネスブログを拝読して<br />ある単語に出会いました。<br /><br /><br />それは 5% というものです。<br /><br /><br />つまり<br /><br /><br />いろんな方がいろんなセミナーを聞き<br />色んな本を読み<br />色んな手法を手に入れますが<br />実際にそれを活用して行動を起こすのは<br />5%に過ぎないということです。<br /><br /><br />その方は もちろん<br />スピリチュアル関連の方ではありません。<br />しかし<br />私は長い間 霊視セッションを行ってきて<br />この5%という数字に共感を覚えました。<br /><br /><br />セッションで霊視をすると<br />その方がより良い人生を歩むためには<br />どのようにすると良いのか<br />お話することになります。<br /><br /><br />そのとき出てくるのは<br />結局本人が動かなければ<br />何にも変わらないということです。<br /><br /><br /><br />動くというのは<br />あなたの心 <br />あなたの考えを動かすこと。<br /><br /><br /><br />これは <br />人によって動かされるのではありません。<br /><br /><br /><br />あなたが自分で自分の心を<br />動かしたり留めたりしているのです。<br /><br /><br /><br />本当に幸せになりたいですか?<br />本当に?<br /><br /><br /><br />「分かってるんだけど」<br /><br />その言葉が出たら注意です。<br /><br /><br />「分かってるんだけど」<br />というとき<br />たいていの人は<br />本当はそれをすることがやっかいだし<br />面倒だし・・・・<br />結局、嫌なのです。<br /><br />つまり95%の人は<br />棚ぼた式の幸せは欲しいけれど<br />努力はしたくない。<br /><br />自分を変えない言い訳を<br />ちゃんと用意して<br />「分かってるんだけどね」<br />と言ってしまうのです。<br /><br /><br /><br /><br /><br />では どうするのか。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そう まず <br />自分の心を動かしましょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ愚痴を聞いて欲しいと思うのなら<br />ただ自分が悪くないと言って欲しいだけなら<br />ただ同意をして欲しいだけなら<br /><br /><br />そういう話を聞いてくださる方の所で<br />お話をするのが一番です。<br /><br />世の中にはそういうお話を聞いてくださる方は<br />たくさんいますし<br />あなたに合わせて<br />あなたの望む<br />気持ちの良い言葉を告げてくれるでしょう。<br /><br /><br />もしくは。<br /><br /><br />すぐ実行できるような小さなアイディア<br />積み重ねることによって<br />大きな効果が出るような地道なアイディア<br />あなたに気づきのきっかけになるようなこと<br />そういったことを耳にして<br />その場はなんとなく納得したけど<br />結局 ただその気分を味わっただけ。<br /><br />何か変わる気分はしたけど<br />結局のところ 努力はしたくないし<br />変化をする痛みや<br />脱皮をする痛みは味わいたくない<br />100%失敗しない事しかしたくないから<br />ただ聞いてみただけ。<br /><br />それで頭には何にも残らず<br />毎回似たような話を聞く羽目になるのです。<br />実際に動いてみたら<br />あなたが大変身する宝が隠れていたかもしれないのに。<br /><br /><br />けれど それじゃ<br />もったいないと思いませんか?<br /><br /><br /><br /><br />世の中には<br />あなたが幸せになる気づきのきっかけは<br />山ほどあふれているはずです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_17.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_29.gif"></a><br /><br /><br />
1104

ヨハネ・パウロ2世が列福、 死後に起こした奇跡が認定。

ヨハネ・パウロ2世が福者に、修道女が奇跡の詳細語る前法王ヨハネ・パウロ2世による奇跡でパーキン..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]前法王ヨハネ・パウロ2世(在位1978年10月16日 - 2005年4月2日)。そのお顔とお名前は、まだ私の記憶の中では新しいものです。その前法王が死後病に苦しんでいたシスターを治癒をさせるという奇跡を起こしたのだそうです。そしてその奇跡は公式に認められ「福者」に列福されることになっ... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef687639b502.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef687633a3fe.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" width="200" height="300" border="0" /></a><br /><br /><a target="_blank" href="http://news.ameba.jp/20110119-107/"><b><i>ヨハネ・パウロ2世が福者に、修道女が奇跡の詳細語る</i></b></a><br /><i>前法王ヨハネ・パウロ2世による奇跡でパーキン..........</i><i><a target="_blank" href="http://news.ameba.jp/20110119-107/">≪続きを読む≫</a></i><div align="right"><a href="http://news.ameba.jp/" target="_blank"><i>[アメーバニュース]</i></a></div><br /><br /><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">前法王ヨハネ・パウロ2世<br />(在位1978年10月16日 - 2005年4月2日)。<br />そのお顔とお名前は、<br />まだ私の記憶の中では新しいものです。<br /><br /><br /><br />その前法王が死後<br />病に苦しんでいたシスターを治癒をさせるという<br />奇跡を起こしたのだそうです。<br /><br /><br />そしてその奇跡は公式に認められ<br />「福者」に列福されることになったとのだそうです。<br /><br />福者(Beatus)とは<br />カトリック教会において<br />死後その徳と聖性を認められた<br />信徒に与えられる称号であり<br />のちに聖人に列せられることもある<br />非常に重要な称号です。<br /><br />長い時間をかけ<br />非常に綿密な列聖調査がおこなわれるのが通常であり<br />慣例では少なくとも<br />死後数十年かかるとされています。<br />なぜなら 列福には<br />その人物の取次ぎによる奇跡(超自然的現象)が<br />絶対必要条件であり<br />その認定が一番時間がかかる調査になるからです。<br />(ちなみに殉教者は<br />奇跡の取次ぎがなくても<br />列福されるようです。)<br /><br /><br />前法王が亡くなられたのは2005年。<br />まだつい最近のことであり<br />このようなスピードで<br />認められるということは<br />大変に珍しいことと言えるでしょう。<br /><br /><br />前法王の場合<br />在位中にソ連、東欧の共産体制崩壊に<br />果たした役割などから<br />世界で高い人気を得たことが影響したとみられると<br />共同通信が伝えており<br />積極的にメッセージを送っていらっしゃった<br />テレビの向こうのあのお姿を<br />ふと 思い出しました。<br /><br /><br />似たような列福の例としては<br />生前より既に聖女と呼ばれていた<br />あのマザー・テレサも<br />死後わずか6年で列福されていますが<br />これも例外中の例外とされています。<br /><br /><br /><br />ところですべての聖人は<br />その記念日を持っており<br />古代の聖人などを除けば<br />通常は命日がそれにあたっていますが<br />福者の場合もやはり<br />その命日が福者の日となるそうです。<br />前法王の場合<br />4月2日がその日になるのですね。<br /><br /><br />ぜひ 今年の4月2日には<br />世界平和に尽力されたヨハネ・パウロ2世を偲び<br />お祈りしたいなと思いました。</font><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_16.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br />
1097

ハヌルのおすすめする風邪のナチュラル対策法。

地球や宇宙のエネルギーが切り替わるとき私はたいてい いつも眠くて眠くてたまらなくなります。たとえば 満月 新月しかり。今日も 朝の祈祷とストーンメッセージを書いてからどうにも だるくてたまらずうっかり机に座ったまま眠ってしまっていました。先ほど目が覚めると(・・・喉がちょっと変 )そう 今日の岐阜は昨夜から雪が降り続きとっても寒いのです。それなのに うとうと寝ている間にストーブの灯油が切れてしまっ... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef6874580d96.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef687445d12b.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" width="220" height="293" border="0" /></a><br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">地球や宇宙のエネルギーが切り替わるとき<br />私はたいてい いつも<br />眠くて眠くてたまらなくなります。<br /><br /><br /><br />たとえば <br />満月 新月しかり。<br /><br /><br /><br /><br />今日も 朝の祈祷と<br />ストーンメッセージを書いてから<br />どうにも だるくてたまらず<br />うっかり机に座ったまま<br />眠ってしまっていました。<br /><br /><br /><br />先ほど目が覚めると<br /><br />(・・・喉がちょっと変 <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ko/koi-to-ikiru/1091755.gif" alt="汗" border="0" />)<br /><br /><br /><br />そう 今日の岐阜は<br />昨夜から雪が降り続き<br />とっても寒いのです。<br /><br /><br />それなのに <br />うとうと寝ている間に<br />ストーブ<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ka/kaerumama0702/1917279.gif" alt="ストーブ" border="0" />の灯油<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ko/komugii/797688.gif" alt="灯油入" border="0" />が切れてしまったらしく・・<br /><br /><br />びっくりするくらい<br />体が冷えていました<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/mi/mini-minnie/1272196.gif" alt="akn" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/279506.gif" alt="はぁ~" border="0" /><br /><br /><br /><br />普段 養生していない私でも<br />これはいけない!と<br />とりあえず <br />マヌカハニー<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/pi/pico-o/2505258.gif" alt="はちみつ" border="0" />をいただきました。<br /><br />マヌカハニーはニュージーランドで摂れる<br />マヌカの花の蜜を集めた<br />オーガニックなハチミツ<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ge/gengorou5/2813187.gif" alt="ミツバチ" border="0" />です。<br />通常のハチミツの<br />数十倍以上の高い抗菌作用があるとされ<br />マヌカの煎じた葉には<br />風邪の諸症状・解熱効果があるといわれています<img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/038.gif" alt="音譜" /><br />私が初めて知ったころには<br />なかなか手に入りにくかったのですが<br />最近ではネットで簡単に手に入りますし<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/442856.gif" alt="ワーイ" border="0" /><br />ハーブのエキナセアと<br />このマヌカハニーで風邪対策をなさる方も<br />結構いらっしゃるようになりました<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/250129.gif" alt="えへ" border="0" /><br /><br /><br />ちなみに私がいただいているこれは<br />以前 マヌカハニーの本場である<br />ニュージーランド<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ku/kumablackcat/893212.gif" alt="ニュージーランド" border="0" />から<br />私のセッションを受けにおいでくださったM様が<br />お土産にプレゼントして下さって以来<br />すっかり愛用しているcomvita社のものです。<br /><br /><br />それとともに<br />こんなにだるい <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/pi/pink---rose/43068.gif" alt="hua-*" border="0" /> のは<br />眼精疲労 <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ae/aehkkyr410/168169.gif" alt="目" border="0" />と<br />肝臓の疲労  <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/mo/mokumoku-247-jjt/637700.gif" alt="ブタ" border="0" /> もありそうでしたので<br />菊花茶<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/yu/yuwyuw/1690085.gif" alt="菊" border="0" /> をいただきました。<br /><br />菊花茶は<br />喉の痛みから始まる風邪に良いとされています。<br />さらに肝を養い目の働きを高めるとも<br />言われているのです<img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/038.gif" alt="音譜" /><br />菊花には血管を広げる作用があるとされていますので<br />眼精疲労からくる肩こりにも<br />効果がありそうです<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/yo/yondahonmitaeiga/418674.gif" alt="うれしい" border="0" /><br /><br />この菊花茶は<br />台湾<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/su/sugar-cort/1238993.gif" alt="panda." border="0" />のもので<br />これもお客様のT様からプレゼントいただいたもの。<br /><br />以前 香港にて<br />あまりに疲れてだるくなり<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/106857.gif" alt="ガーン!!" border="0" /><br />しかも喉が痛み<br />寒気までしてきたことがありました<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/159823.gif" alt="う~っ" border="0" /><br /><br />そんなとき<br />道の端でおばあさんが出していた茶店にて<br />偶然初めて飲んだのが<br />この菊花茶。<br />ひとくち飲んだときの<br />あの ほっと癒された気持ちは<br />今でも忘れられません。<br />すうっと体に染みていき<br />以来この甘い菊花茶が大好きになったのです。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/160348.gif" alt="ちゅき" border="0" /><br /><br /><br /><br />本格的な風邪になってしまう前なら<br />こんなお手軽な方法でも<br />十分効果がでるのではないでしょうか<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/182979.gif" alt="晴れ" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br />もちろん <br />十分な睡眠と乾燥対策はお忘れなく<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/me/mei-aquamarine/176174.gif" alt="にこっ" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=13584353" alt0="BlogAffiliate" target="_blank" rel="nofollow">はちみつの王様マヌカハニー(コンビタ社)<br /><img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kiwiparadise/cabinet/110a.jpg?_ex=128x128" border="0" /></a><br />楽天<br /><br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://peta.ameba.jp/p/addPeta.do?targetAmebaId=hanuru-sparkmeter"><img alt="ペタしてね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_17.gif"></a><a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br />
924

感覚で生きるということ。(その2)

(前回の続きです)私が気がついたこと。それは 直感の鋭い彼らの生い立ちにある共通項がある事だ。そう それは彼らが幼児期~子供時代に受けたほとんど虐待とおぼしきほどの激しい苛烈なしつけ。実際 彼らのうち片方は幼い頃 顔が変形するほど殴られもう片方は親のしつけのあまりの酷さから近所の人に通報されて警察が踏み込んできた事があったと聞いていた。彼らは サバイバーだったのだ。彼らの持つ直感は生き伸びたいとい... (<a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-10679037329.html" target="_blank" style="color:#ff0000;font-weight:bold;">前回</a>の続きです)<br /><br /><br /><font color="#0066FF">私が気がついたこと。<br /><br /><br />それは 直感の鋭い彼らの生い立ちに<br />ある共通項がある事だ。<br /><br /><br />そう それは<br />彼らが幼児期~子供時代に受けた<br />ほとんど虐待とおぼしきほどの<br />激しい苛烈なしつけ。<br /><br />実際 彼らのうち片方は<br />幼い頃 顔が変形するほど殴られ<br />もう片方は<br />親のしつけのあまりの酷さから<br />近所の人に通報されて<br />警察が踏み込んできた事があったと聞いていた。<br /><br /><br />彼らは <br />サバイバーだったのだ。<br /><br /><br />彼らの持つ直感は<br />生き伸びたいという<br />生存本能がもたらしたのだ。<br /><br /><br />彼らの特徴を占める<br />食べる事などの身体的快楽嗜好の強さは<br />生きたい 食べたい というように<br />その直感が導かれる際に<br />同じように導かれた<br />本能欲求の強さではないだろうか。<br /><br /><br />そしてその本能は<br />恐らく例えば暴力性など<br />獣の持ち合わせている本能をみな<br />ある程度蘇らせており<br />人間として存在するために<br />暴走しないように<br />堅固な前時代的倫理観や道徳感で<br />無意識の枠を作り上げたのではないだろうか。<br />即ち<br />強い「自我」によって。<br />このことが彼らをして<br />自ら「動物チック」と呼ばせる由縁ではないかと<br />私は そう考えたのだった。<br /><br /><br />そう 直感とは<br />ひどく乱暴に分けるとするなら<br />それは二つあるのだ。<br /><br />一つは 今あげたような<br />本能から現れるもの。<br /><br />そして もう一つが<br />いわゆるメッセージであったり<br />純然たる勘のようなもの。<br /><br /><br />この一つめと二つ目を判別するのには<br />感情がそこについているかいないのか<br />それによって分別が出来る。<br /><br />本能から現れた直感には<br />好き 嫌い という<br />感情がそこには存在している。<br />つまり 何かを判別する際に<br />「理由はわからないけど好き」だったり<br />「なんだかあの目付きが嫌」だったりするのだ。<br /><br /><br />しかし もう一つの直感には<br />感情ではなく<br />そこにあるのは感覚だ。<br /><br />「理由は分からないけれど<br />それにしなくてはならない気がする」<br /><br />「何故だかわからないが<br />これを選ぶべきだと感じる」<br /><br />「どうしてか それだと思った」<br /><br />その感覚を理由付けしようとすると<br />頭は自分が理解しやすいように<br />好悪の感情がそこにあると錯覚するのだ。<br /><br />しかし 感覚の場合には<br />気をつけてみればわかるのだが<br />そこには 自分の好き嫌いは<br />実際は存在していないのだ。<br />「言われてみればこっちのほうが確かに好きだ」<br />といった感じなのである。<br /><br /><br />このことを留意して<br />気をつけて自分を観察し<br />データを取っていくと<br />自分が今感じているのが<br />本能的勘なのか<br />それとも霊的な勘なのか<br />とても分かりやすくなっていく。<br /><br /><br />そうすると<br />自分が得意なのはどちらの直感なのか<br />伸ばしやすいのはどちらなのかが<br />わかるようになるのだと思う。<br /><br /><br />ただし 大切なことは<br />必ず自分を客観的に観察することだ。<br />頭で結果を判断しないこと。<br />どちらの直感も上でもないし下でもないのだから。<br />(厳密に言えばエネルギーの濃密さが違うのだが)<br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
923

悩み事は影

霊的知識を手にした者にとって大切な事は、二度とこの世的な悩み事の為に塞ぎ込むようなことがあってはならないことです。悩み事は影にすぎません。実在ではないのです。 byシルバーバーチ... <font color="#0066FF">霊的知識を手にした者にとって大切な事は、<br /><br />二度と<br /><br />この世的な悩み事の為に<br /><br />塞ぎ込むようなことがあってはならないことです。<br /><br /><br />悩み事は影にすぎません。<br /><br />実在ではないのです。 <br /></font><br /><br />byシルバーバーチ
914

感覚で生きるということ。(その1)

今日は10年来のお友達の誕生日会でした。まったくスピに関心が無い人ですが非常に直感と感覚で生きている人でまるで野生動物のようなそんな友人の誕生日会です。その席にいたもう一人の友人もやっぱりスピには殆ど関心を持っていません。いつも自分の事を「動物チック」と評しています。彼らと食事をしているうちにふっと私は「感覚で生きる」「直感を大切にする」という言葉を思い出しました。彼らはともに自分のテリトリーを大... <font color="#0066FF">今日は10年来のお友達の誕生日会でした。<br /><br /><br />まったくスピに関心が無い人ですが<br />非常に直感と感覚で生きている人で<br />まるで野生動物のような<br />そんな友人の誕生日会です。<br /><br /><br />その席にいたもう一人の友人も<br />やっぱりスピには<br />殆ど関心を持っていません。<br />いつも自分の事を<br />「動物チック」と評しています。<br /><br /><br />彼らと食事をしているうちに<br />ふっと私は<br /><br /><br />「感覚で生きる」<br /><br />「直感を大切にする」<br /><br /><br />という言葉を思い出しました。<br /><br /><br /><br />彼らはともに<br />自分のテリトリーを大切にします。<br />そして五感に訴えるような快さが大好き。<br />嗅覚に対する刺激に敏感で<br />食に対して強いこだわりを持っています。<br /><br />また彼らはテリトリーを守る為に<br />インスピレーションが強く働き<br />一瞥しただけで<br />相手の人となりを捉えます。<br />そして相手が自分に害を与えるかどうかを<br />初対面のその一瞥で察知します。<br />そういった勘が<br />非常に鋭く発達しているようです。<br /><br /><br />そして基本的に<br />人付き合いを恐れる傾向があり<br />あまり人に心を開こうとはしません。<br />動物といることを好み<br />都会よりも<br />自然の中に入ることを<br />喜ぶ人たちです。<br /><br /><br />そして彼らは共通して<br />非常に儒教的な倫理観を持ち<br />伝統的な物や古い物<br />また年をとった人物への愛を持っており<br />自分の一族や<br />その出自の土地に対して<br />激しい愛着を持っています。<br />そしてその分だけ<br />それを犯そうとする物事に対しては<br />激しい怒りを感じます。<br /><br />ところが彼らは<br />私という接点がなければ<br />まったく無関係な人たちなのです。<br />育った場所も国籍も<br />何もかもがバラバラな人たちです。<br /><br /><br /><br />「感覚で生きる」<br /><br />「直感で生きる」<br /><br /><br />そういうためのものを読んでいると<br />そこに表れている人物像は<br />もっと、こうまるで<br />清廉なイメージであり<br />感覚が生かされれば<br />怒りや激しい愛着からも離れていくような<br />そんな印象を<br />読むたび私に与えます。<br />しかし 私の友人達は<br />決してそんな聖人のような<br />悩みや苦しみから離れている存在ではありません。<br /><br />けれど彼らは<br />自分の前に現れる吉兆や凶兆を捉え<br />社会的にみれば彼らは<br />成功していると言える人たちでもあります。<br /><br /><br />感覚で生きたなら<br />もう怒りにも囚われることはなくなり<br />望みは叶い<br />心を開く事を恐れず<br />思ったままを語れ<br />たくさんの人を受け入れ<br />そして受け入れられる・・・?<br /><br /><br />しかし<br />目の前の彼らを見ていると<br />そんな夢の世界の住人には<br />まるで思えません。<br /><br /><br /><br />私はデザートを食べながら<br />ある一つの考えが浮かんでいました。<br /><br /></font><br />(続く)<br /><br /><br /><br /><br /><br />
912

「思い込み」の牢獄。

今日は午後からスピリチュアル☆ミーティングの日でした。今回参加してくださったH山さんがとても素晴らしい良いお話をして下さいましたのでお聞きしたお話を要約してシェアさせて頂きたいと思います。        「フィソン(??)」すっかりK-POPという言葉も定着してきた感があるこの頃ですのでこの方の名前をご存知の方もたくさんおいででしょう。韓国の人気アーティストの一人でありかつ 様々なアーティストに作品を提供し... <font color="#0066FF">今日は午後から<br />スピリチュアル☆ミーティングの日でした。<br /><br /><br />今回参加してくださったH山さんが<br />とても素晴らしい<br />良いお話をして下さいましたので<br />お聞きしたお話を要約して<br />シェアさせて頂きたいと思います。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /></font><br /><br /><br /><img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /><br /><br /><br /><br />「フィソン(??)」<br /><br /><br />すっかりK-POPという言葉も<br />定着してきた感があるこの頃ですので<br />この方の名前をご存知の方も<br />たくさんおいででしょう。<br />韓国の人気アーティストの一人であり<br />かつ 様々なアーティストに<br />作品を提供している実力派です。<br />そのフィソンが<br />先日OAされたKBSの<br />「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で<br />少し驚くような話をしていたのです。<br /><br /><br />「僕はずっと<br />笑われていると思っていたんです」<br /><br /><br />フィソンといえば<br />もちろん韓国の若者なら<br />まず知っている名前でしょうし<br />彼に熱狂する女性たちの姿も<br />決して少なくはありません。<br />また、フィソンの<br />その独自の音楽性や<br />歌声、歌唱力は<br />韓国でも<br />認められた存在の一人。<br /><br /><br />そんな彼は<br />なんとつい最近まで<br />ステージに立つ事が<br />とても辛かったと。<br /><br />その理由は。<br /><br /><br />熱狂する女性たち<br />感動して叫ぶ観客の声<br />それらを<br />ステージの上から眺めながら<br />何故か彼は<br />自分が嘲笑されているのだと<br />そう思い込んでいたのです。<br />それもデビュー以来ずっと。<br /><br /><br />それがどうしてそうだったのか<br />理由は分からないのですが<br />とにかく彼はそれが<br />とても辛く苦しかったと<br />その胸の内を語りました。<br /><br /><br /><br />想像出来るでしょうか?<br /><br /><br />例えば日本で言えば<br />TMレボリューションの西川さんが<br />「ああ また俺笑われてる・・」と<br />おもいこんでいるような。<br /><br />例えばSEAMOが<br />「皆が俺を俺の歌を笑ってる」と<br />思い込んでいるような。<br />(適切な例えが浮かびませんが汗)<br /><br /><br />それもデビューの頃からずっと<br />もう何年もの間思い込んで<br /><br />その辛さ<br />いたたまれなさで<br />自分を苛んできたのです。<br /><br /><br /><br />その苦しみは<br />どれほどのものだったのでしょう。<br /><br /><br /><br />彼は大好きな音楽で<br />身を立てる事に成功しました。<br />回りは彼を羨ましがります。<br />けれど彼は・・・<br /><br />辛くて辛くて<br />嫌でたまらない。<br /><br />何故なら、<br /><br />世間が<br /><br />みんなが<br /><br />自分を笑いものにしているから。<br /><br /><br />事実がどうであれ<br />(実際まったくそんな事は無かった)<br />それが彼にとっての<br /><br />「現実」<br /><br />だったのです。<br /><br /><br />なんと恐ろしい迷宮を<br />自分で創りだしてしまったのでしょう。<br />どれだけ曲が売れても<br />ライブチケットが完売になっても<br />番組収録でお客が熱狂しようとも彼は<br />世間が自分を笑っていると思っていたのです。<br /><br /><br />これは <br />とても分かりやすい例だと<br />私は思いました。<br /><br /><br />私達は自分を認めて欲しがります。<br />しかし 誰に認められたら<br />私達は満足するのでしょう?<br />どのように認められたら<br />安心するというのでしょう?<br /><br />そのバロメータは<br />私達の中だけに存在し<br />しかも その針は<br />常に「もっともっと」と<br />ハードルを上げていきます。<br /><br /><br /><br />もしも 世界中の人々が<br />フィソンを賞賛し<br />誰よりも飛び抜けた存在になっても<br />彼自身がその笑い者にされているという<br />「誤った価値観(思い込み)」を<br />捨てる事ができなければ<br />永遠に苦しみの中にいることになります。<br /><br /><br />その後フィソンは<br />どうなったでしょう。<br /><br /><br />実は彼は<br />ある日唐突に<br /><br />「自分は笑われていない」<br /><br />そう気がついたのだそうです。<br /><br />それは本当に<br />何の前触れもない<br />突然の気づきだったそうです。<br /><br /><br />今も彼は<br />ファンの前に立っているでしょう。<br />しかしもう恐ろしくは無いのです。<br />そして今日も<br />彼は歌い続けています。<br /><br /><br />私はこの話が<br />とても衝撃でした。<br />「気づく」ということ<br />そして「思い込む」ということ<br />私はまだ<br />思い込みで作った世界に<br />いるかもしれません。<br />でもこの番組のおかげで<br />何かヒントがあった気がします。<br /><br /><br /><img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /> <img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ro/rosa-n24/10632.gif" alt="蝶々" border="0" /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">H山さん<br />素晴らしいお話を<br />有難うございました</font><img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/pi/pink---rose/580201.gif" alt="love*" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
896

占いについて思うこと。

以前mixiにてこんなご質問を受けた事がありました。「霊視をするという立場から占いというものについて、どのように思いますか?」夕べtwitterにて少しそんな話になったのでブログにも書いてみたいなと思います。よく私が耳にするのは霊視と占いで言えば霊視の方が上であるというものや占いよりも霊視のほうが信頼度が高い気がするというものです。私がこういう事をしている人間ですのでどうしたって自然と私のセッションを受けて... <font color="#0066FF">以前mixiにて<br />こんなご質問を受けた事がありました。<br /><br /><br />「霊視をするという立場から<br />占いというものについて、<br />どのように思いますか?」<br /><br /><br />夕べtwitterにて<br />少しそんな話になったので<br />ブログにも書いてみたいなと思います。<br /><br /><br />よく私が耳にするのは<br />霊視と占いで言えば<br />霊視の方が上であるというものや<br />占いよりも霊視のほうが<br />信頼度が高い気がするというものです。<br /><br />私がこういう事をしている人間ですので<br />どうしたって自然と<br />私のセッションを受けてくださる方からは<br />「占いのほうが信頼できる」とは<br />中々聞こえてこないのだと思います。<br />だれだってわざわざ<br />カレー屋に行ってまで <br />大声で<br />「中華の方が美味い」なんて<br />そんな事は言わないものです。<br />だったら最初から中華へ行くでしょう。<br />私に占いのほうが良いという声が<br />聞こえてこないのは<br />そうした訳だと思っています。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/no/nonmy/10820.gif" alt="しずく" border="0" /><br /><br /><br />さて 私の結論から言えば<br />占いも霊視も<br />どちらも上でも無いし<br />下でも無いと考えています。<br />例えばそこに<br />チャネリングを混ぜても<br />恐らく同じなのかもしれません。<br /><br />そう私が思うようになった理由の一つには<br />私の霊視リーディングの結果と<br />例えば占星術や四柱推命で出した結果とが<br />同じ結果になっていたことが<br />非常に多かった事があげられます。<br /><br />例えば、私が<br />開運するのに訪れるとよいと見えた都市が<br />アストロカートグラフィでの<br />其方の開運ラインである<br />金星ラインの都市と同じであるとか<br />其方が行動を起こすべき日が<br />ホロスコープで出てくる日とほぼ同じであるなど<br />そういった例は<br />これまで枚挙に暇がありません。<br />(勿論そうではない事もあります)<br /><br />元々私が占いに興味を持った原因は<br />そういった余りに多い<br />占いの結果との類似からだったのです。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/me/mei-aquamarine/176174.gif" alt="にこっ" border="0" /><br /><br />そして 少しづつ<br />占いというものに関心を寄せるにつれて<br />センシティブとロジカルは<br />お互いを補完しあうものであって<br />上とか下とか区別するものではないのではと<br />そう思うようになっていったのです。<br /><br />この世界に生まれ<br />存在しているものは<br />すべからく全てにシンクロし<br />そして影響し侵食しあって存在しています。<br />例えばホロスコープとは <br />その一部分を<br />誰が見ても分かりやすいように切り取り<br />プレパラートにはめて眺められるようにした<br />標本のようなものではないでしょうか。<br />言い方をかえるならば<br />例えばネイタルのホロスコープなら<br />あなたという人間の構成を示す<br />成分表のようなもの。<br />お菓子の袋の裏に書いてある、<br />ナトリウム○g 炭水化物○gといった<br />あの表のようなものとも言えるかもしれません。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/187761.gif" alt="エヘ" border="0" /><br />(勿論いづれ <br />それらの制約から離れて<br />ホロスコープから自由になる時を目指すのですが)<br /><br /><br />ただ感性や感覚を<br />肥大させただけのサイキックリーディングは<br />それが妄想なのか幻想なのか狂気なのかすら<br />本人には分からなくなってしまう危険が<br />常につきまとっています。<img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/254.gif" alt="叫び" /><br />なにより元来 古の時代より<br />シャーマンは神や霊と話し<br />占術を用いて未来を語りました。<br />まして 現代に生きる私達のような<br />所謂センシティブこそ<br />ロジカルな視点を<br />無視すべきではないと考えます。<img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif" alt="アップ" /><br /><br /><br />スピリチュアル的感覚と<br />ロジカルな視点は<br />決して対立するものではないと<br />私は思います。<br />ロジカルな視点<br />それは つまるところ<br />客観性に繋がる部分だと<br />そう思うからなのです。<br />でなければ、どうして<br />人の脳は右脳と左脳があるのでしょうか。<br />右脳にばかり意識を向けず<br />左脳をバランス良く使う事<br />それが大切なのかもしれません。<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/so/soukou/4813.gif" alt="音符" border="0" /><br />、<br />これはあくまでも<br />これまでの自分の経験に基づいて<br />そう考えているに過ぎません。<br />この先、<br />更なる体験を重ねて行くことにより<br />また新しい視点が<br />生まれる可能性は<br />多いにあると思っております。</font><img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/me/mei-aquamarine/176174.gif" alt="にこっ" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
886

自分の価値という幻想。

今日 ヨンちゃんからとある話を聞いていたときのこと。二人で思わず口を揃えてつぶやいてしまった。「なんだか近頃そっくりな話ばかり!」そう それは価値観に関る話。それも ほかでもない自分というものの価値についてのお話だ。さて。では。自分の価値それはどこにあると思いますか?顔? スタイル? それとも職業? 結婚してるしていない? 子供がいるいない?家族が有名人?乗っている車? 持っている鞄? 住んでいる... <font color="#0033FF">今日 ヨンちゃんから<br />とある話を聞いていたときのこと。<br />二人で思わず<br />口を揃えてつぶやいてしまった。<br /><br />「なんだか近頃そっくりな話ばかり!」<br /><br />そう それは価値観に関る話。<br />それも ほかでもない<br />自分というものの価値についてのお話だ。<br /><br /><br />さて。では。<br /><br />自分の価値<br />それはどこにあると思いますか?<br /><br /><br /><br />顔? スタイル? <br /><br />それとも職業? <br /><br />結婚してるしていない? <br /><br />子供がいるいない?<br /><br />家族が有名人?<br /><br />乗っている車? <br /><br />持っている鞄? <br /><br />住んでいる家? <br /><br />特殊なステイタス?<br /><br />風変わりな能力?<br /><br /><br /><br />人がどこに価値観を置くのかは<br />それぞれのまったくの自由。<br />その基準だって<br />時代や国によって千差万別<br />不定形に変化し続けるものだから。<br />何が正解かなんてことは<br />誰にも言えないことでしょう。<br /><br /><br /><br />けれど。<br />それを理解しつつも。 <br />私は、敢えて、<br />敢えて言いたいと思う。<br /><br /><br /><br /><br />あなたの値打ちは<br />『あなた本人』以外には無いのだと。<br /><br /><br /><br />どんな服を着てどんな鞄を持ち<br />何を食べて 何処へ行き<br />どんな車に乗り 誰と付き合い<br />何処に住み どんな家族がいようとも<br />それらは <br />今そこで生きている<br />『あなた自身の価値』とは<br />一切なんら関係が無いことだ。<br /><br /><br />どんなに頑張ってトッピングをしてみたところで<br />『あなた』の価値が<br />上がったり下がったりすることはない。<br /><br /><br />中にはそういったものの価値「だけ」を<br />重要に思ったり<br />それを判断基準にするひとも勿論いるだろう。<br />けれど それらはまるで<br />紙で出来た着せ替え人形の<br />切り取っては端を折ってかぶせるだけの <br />取替え可能な服だったり <br />鞄だったりに過ぎない。<br />少し強く振れば <br />本体の人形から転げ落ちる物なのだ。<br /><br /><br />まして 世の中は<br />それほどに見てくれに騙される人ばかりではない。<br /><br /><br />あなたの発する言葉<br />あなたの態度 <br />そういったことから<br />あなたという人間性を見ている。<br /><br /><br />つまり <br />どうしても「自分の値打ち」を<br />持ちたいのであれば<br />あなたがどんな人間性なのか<br />そここそが<br />あなたの価値を考える基準なのだと思う。<br />しかして それは<br />刻々と変化する流動的なものだ。<br />あなたは常に動き<br />常に変化をしていくのだから。<br />ある日 気がつくだろう。<br />自分の価値や値打ちなんてものは<br />自分だけが作り出していた<br />幻でしかないのだと。<br /><br />自分の価値<br />そんなものは幻想だ。<br />無駄なプライド<br />惨めなエゴが生み出した<br />固定化されたイメージだ。<br /><br /><br />こんなことは<br />酷く当たり前のことで<br />何をいまさらと思う方も多いだろう。<br />しかし 少し振り返ってみて欲しい。<br /><br />『それを手に入れたら自分が変わる』<br />そういった理由で<br />買ったもの 欲しがっているもの<br />行っている事はなかっただろうか?<br /><br /><br /><br />何かを手に入れてもあなたは変わらない。<br />そして何も持たなくてもあなたは変わる。<br />すべては きっかけにしか過ぎない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><br /><br />
882

断食行21日満願いたします。

今月の頭から始めた断食の行が本日をもって21日目となりお蔭様をもちまして満願の日を迎えることとなりました。わたくしにとってこの21日間は何百冊の本を読むよりもこの体験によって理解できたことの深さを思うと本当に得がたい体験になったと思います。引き寄せについて答えを求めるということについて肉に宿る神について霊という存在である人について直感やメッセージとは何かについて汎神論について幽体離脱についてトーテムア... <font color="#0033FF">今月の頭から始めた断食の行が<br />本日をもって21日目となり<br />お蔭様をもちまして<br />満願の日を迎えることとなりました。<br /><br />わたくしにとってこの21日間は<br />何百冊の本を読むよりも<br />この体験によって理解できたことの深さを思うと<br />本当に得がたい体験になったと思います。<br /><br />引き寄せについて<br />答えを求めるということについて<br />肉に宿る神について<br />霊という存在である人について<br />直感やメッセージとは何かについて<br />汎神論について<br />幽体離脱について<br />トーテムアニマルについて<br /><br />私なりに教えられ理解しました<br /><br />もちろんこのほかにも<br />あまたの気づきがあり<br />よろしければ皆さんと<br />シェアさせていただけたらと思っています。<br /><br /><br />21日間 神仏に食べ物を捧げ<br />この世の全てへの祈りをもって過ごせたこと<br />これは一重に皆様のおかげだったと思います。<br />本当にありがとうございました。</font><br />
881

2000年経てめぐり合う人。

昨日は とても疲れてしまったのでブログに書けなかったのですが昨日はセッションを終えた後とある温泉へでかけました。その温泉に向かう途中でのとある出会いのお話です。温泉へ向かっている途中乗せていってくれたヨンちゃんが ふと「ねえ そこにヨーロピアン家具専門店ってあるよ 行ってみない?」と斜め前にある家具屋を指さしたので私達はどうせ渋滞しているしヨーロピアン雑貨も好きなのでまあいいかと立ち寄ることにした... <font color="#0033FF">昨日は とても疲れてしまったので<br />ブログに書けなかったのですが<br />昨日はセッションを終えた後<br />とある温泉へでかけました。<br />その温泉に向かう途中での<br />とある出会いのお話です。<br /><br /><br />温泉へ向かっている途中<br />乗せていってくれたヨンちゃんが ふと<br /><br />「ねえ そこにヨーロピアン家具専門店ってあるよ <br />行ってみない?」と<br /><br />斜め前にある家具屋を指さしたので<br />私達はどうせ渋滞しているし<br />ヨーロピアン雑貨も好きなので<br />まあいいかと立ち寄ることにしたのです。<br /><br /><br />初めて寄ったその店は<br />外観から思ったよりも<br />かなり大規模なお店で<br />しかも私の大好きな<br />イタリアはコルチャゴの<br />ダイニングセット(370万)!<br />すっかり嬉しくなって<br />素敵素敵!きゃっきゃっと<br />子供のように喜んで眺めていると<br />唐突に横から<br /><br />「ちょっと こっち来なさい」<br /><br />そう 声をかけられました。<br /><br />え? と思いそちらをみると<br />70前後かと見えるおじいさんです。<br />なんだろう?と思いましたが<br />誘われるまま <br />椅子のほうへ進みました。<br /><br /><br />話によるとお爺さんは<br />この家具店の方で<br />なんと94歳!驚きました!<br />とうていそんなお年には見えないのです!<br />背筋はしゃんとし 歩き方もすべるよう<br />目は力強く輝き 声もはっきりと<br />そしてなにより肌はつるつるぴっかぴか。<br />私の祖母が95で亡くなりましたから<br />それくらいの年代の方の感じは<br />一応わかっていたつもりでしたが<br />本当にこの方はお若く見えたのです。<br /><br /><br />しかも <br />さらに驚くことには<br />前に並んだ私とヨンちゃんを相手に<br />お爺さんはいきなり<br />夫婦について語りだしたかとおもうと<br />そこから一気に<br /><br />この世の成り立ち <br />世界の意味<br />神界と現世について <br />陰陽の理 などなど<br /><br />とうとうと語りはじめたのです。<br />これがまたなんの前置きもなしにです。<br />私は軽くあっけにとられながら<br />心の中で<br />(神様 またですか!)と<br />つぶやかずにはいられませんでした。<br /><br />そうなのです。<br />私は何故か幼い頃から<br />こういう事が非常に多いのです。<br />とにもかくにも <br />まったく知らない人に声をかけられると思うと<br />延々と話を聞くことになるのです。<br />それは一体なぜだかは分からないのですが。<br />見知らぬ人にいきなり泣き出されながら<br />身の上相談をされることなど<br />本当にしょっちゅうなのです。<br />よほど私の顔には<br />話しかけてくださいとでも<br />書いてあるのでしょうか・・・。<br /><br />とはいえ<br />さすがに初対面で<br />いきなり前振りなく<br />こういう精神世界な話をされるというのは<br />普通あんまり無いことなんじゃないかなぁと思いながら<br />黙って話を聞いていました。 <br /><br /><br />それにしても 驚いたのは<br />お爺さんが話てくれた<br />肉体と神界についての話です。<br />実はちょうど2日前のこと<br />お爺さんが話てくれたお話と<br />まったく同じことを考えていたのです。<br /><br />これがまたそれは語られる内容が一部の狂いもなく<br />それどころか <br />私が考えていた『まったく同じ言葉』で締めくくられる。<br />ところが私はそれを考えてメモまでしておきながら<br />忘れてしまっていたのです。<br />話を聞いてその事を思い出した瞬間<br />私はこれが忘れてはいけない大切なことだったのだと<br />はっきり気付かされた気がしました。<br /><br /><br />そして 最後にお爺さんが言うことには<br /><br /><br />「わしはな 実は人相が観れる。<br />94にもなるとな <br />大方のことは顔を観ればわかるようになる。<br />その人の心魂考えすべて顔に現れる。<br />あんた達は良い顔をしとるな。<br />義侠心にあふれ世の人を助けずにはいられない人や。<br />これからも人のために尽くしなさいよ。<br />困っている人の為に生き徳を積みなさいよ。」<br /><br /><br />そういうと さらにこう付け加えたのでした。<br /><br /><br />「一期一会というだろう?<br />一期とはな本当は2000年で一つの単位なんだよ。<br />わしとあんた達は2000年前に出会っているんや。<br />そして再び2000年という時間を経てまためぐり合った。<br />これは偶然やないんやで。<br />わしと出会ってこれからきっと運が開ける。<br />どんどん運が良くなるはずや。<br />再会したんやからなぁ。」<br /><br /><br /><br />ゆっくり店を見ていきなさいよと<br />お爺さんが立ち上がったのは<br />すでに小二時間もたった頃だったのでした。<br /><br /><br />2000年を経てめぐり合う人。<br />本当かは分からない。<br />けれど これもまた<br />不思議が運ぶ合縁奇縁のお話でした。</font>
869

神の愛・カーディナル・クライマックス

皆さんはカーディナル・クライマックスという言葉をご存知だろうか?恥ずかしながら私は アストロロジャーであるシベルさんのブログを拝見するまで見たことも聞いたこともなかったそれどころか 目にした途端(クライマックス??何か気持ちよかったり楽しかったりすることか?)などと ハンパなく検討違いな妄想までしてしまった初めて耳にされた方はまずは こちらの記事をお読みいただきたいと思うカーディナル・クライマック... <font color="#0033FF">皆さんはカーディナル・クライマックスという言葉を<br />ご存知だろうか?<br /><br />恥ずかしながら私は <br />アストロロジャーであるシベルさんのブログを拝見するまで<br />見たことも聞いたこともなかった<br />それどころか 目にした途端<br /><br />(クライマックス??<br />何か気持ちよかったり楽しかったりすることか?)<br /><br />などと <br />ハンパなく検討違いな妄想までしてしまった<br /><br /><br /><br /><br />初めて耳にされた方は<br />まずは こちらの記事をお読みいただきたいと思う</font><br /><u><a href="http://ameblo.jp/rieparis/entry-10449218402.html" target="_blank" style="color:#ff0000;font-size:100%;font-weight:bold;">カーディナル・クライマックス(シベルさんのブログ)</a></u><br /><br /><br /><font color="#0033FF">シベルさんの記事には<br />以下のような一文がある</font><br /><br /><br /><font color="#FA8072">カーディナル・サイン(牡羊座・山羊座・蟹座・天秤座)の<br />始めの方の度数にパーソナルな天体がある方は<br />かなりの注意が必要です。</font><br /><br /><br /><font color="#0033FF">パーソナルな天体とはつまり<br />水星 金星 火星 を指すのだと思うが<br />この他に 太陽 月 ASCという<br />私からするとその人の基本部分をも<br />今回は含んでいるようだ<br /><br />となると 私の場合<br />ASC及び月が天秤のかなり早い度数におり<br />金星が山羊座のほぼ終わりに入っている所をみると<br />かなりの影響が出てもおかしくなさそうである<br />特にASCは核とも言える部分に関わっている部分だと思うし<br />また、元々私は月と土星がオポを取っている所に<br />土星と火星がコンビネーションでやってくるのだ<br />何か激しいストレスを抱え込む可能性が高いだろう<br />下手したら それこそ <br />人格が変化するほどの過酷な何かが起こるかもしれない<br />冥王星が限度なしの深さで迫ってくる事を思うと<br />あながちありえない話でもない<br /><br /><br />しかし そこまで考えた次の瞬間<br />私の心に浮かんだのは<br /><br />(神様の愛は凄いな!)<br /><br />の一言だった<br /><br />そう 私は<br />このカーディナル・クライマックスとは<br />人々への神の愛の具現化の一つだと思ったのだ<br /><br />私達はきっと誰もが<br />痛い 苦しい 辛い 悲しい<br />そういう事からできるだけ遠ざかっていたい<br />そしていつも いつの時も<br />「今」が変わってしまうことを激しく恐れている<br />愛を信じたい 幸せになりたい 苦しみたくない<br />そう思いながら<br />何が原因でそれらから遠ざかっているのか<br />決してそれを知ろうとはしないのだ<br /><br />だが こう考えて見て欲しい<br /><br />ひとりの子供がいるとしよう<br />その子供は小学生になっている<br />一人でお箸でご飯も食べることができるし<br />冷蔵庫からジュースだって出して飲んでいる<br />子供ながら自分のしたいと思う事は<br />それなりに自分で出来るのだ<br />ところがどうだろう<br />その子供は食事時になると<br />母親のおっぱいにかじりついて母乳を飲んでいる<br />もうそんなものは必要はないのに<br />ただ それが心地よく楽しいというだけで<br />それから離れようとは思わないのだ<br />勿論子供は「いつかは離れなくてはいけないだろう」と知っている<br />しかし今は「離れられない」と思っていたいのだ<br /><br />このとき 母はどうするだろう?<br />大抵の母親は もうやめなさいと突き放すだろう<br />永遠にこのままでいることは<br />子供にとって好ましいことではない事を思い<br />子供の心に傷がつくと知っていても<br />自ら子供を引き剥がそうとするだろう<br />その傷は<br />必ず乗り越えていけると知っているからだ<br /><br />このカーディナル・クライマックスとは<br />既に充分準備が出来ているにもかかわらず<br />自ら乗り越えるきっかけを<br />掴むことが出きないでいる人々へ<br />神が自ら運命の中に手を差し入れてくれる<br />きっとイベントのひとつなのだろう<br />なんと 深い思いだろう<br /><br /><br />私は すっかりなんだか<br />土星がどんな事を私に見せてくれるのか<br />楽しみになってきた<br />ビッグウェーブを恐れるよりも<br />その手に持ったボードで波をサーフしよう<br /><br /><br /><font color="#FA8072"><strong>あなたの痛みは<br />あなたの理解を閉じ込めていた殻が<br />破れる痛みである。</strong> byカリル・ルブラン</font><br /><br /><br />宇宙は愛に満ち満ちている!<br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
857

今日は冬至。

今日は冬至です。一年で一番お昼の短い日です。日本では伝統的に南瓜の煮たのと小豆粥をいただくのが習慣です。寒い冬のこの時期のに南瓜を食べることはカロテンとビタミンA、Cを摂取することによる風邪予防と寒さで縮こまった抹消血管の血流を良くするので肩こりや頭痛 そして冷えの解消に良いと言われています。それなりに理に叶ってることなのですね。小豆粥と南瓜煮を二つ作るのが面倒な方は合わせて炊いた従兄弟煮がお勧めで... <font color="#0033FF">今日は冬至です。<br />一年で一番お昼の短い日です。<br />日本では伝統的に<br />南瓜の煮たのと小豆粥をいただくのが習慣です。<br />寒い冬のこの時期のに南瓜を食べることは<br />カロテンとビタミンA、Cを摂取することによる風邪予防と<br />寒さで縮こまった抹消血管の血流を良くするので<br />肩こりや頭痛 そして冷えの解消に良いと言われています。<br />それなりに理に叶ってることなのですね。<br /><br />小豆粥と南瓜煮を二つ作るのが面倒な方は<br />合わせて炊いた従兄弟煮がお勧めです。<br />塩でうす甘く炊いたら最高ですよん。<br /><br />そして 年末のあわただしさで溜まったストレスの解消に<br />今夜はゆず湯でアロマテラピー&邪気払いをしてみては?<br />ゆずが無い方はみかんで代用してみても。<br />それも無い方はオレンジのオイルを垂らしてもいいですね。<br />ただし 入浴後は4~5時間は日光に当らないこと。<br />肌についたビタミンCが反応して<br />しみができる恐れがあります。<br />今夜の入浴はやはり夜がマストですね 笑<br /></font><br /><br /> 
851

「正しい」こと と 「間違っている」こと。

先日 世界を放浪中という神戸からきた20代の男子 修造くんとお目にかかりました。彼は 元はF1レーサーを目指していたのだそうですが体の不調が原因でその道から離れ世界を巡る旅に出たのだそうです。ベジタリアンでもある彼は岐阜へはウーファー体験をしにやってきたのでした。これまでアジア各国をめぐり岐阜へ来る前は 中国を旅していたのだそうです。私がセッションの準備に入ろうかなとぼんやりしていると修造くんが急に... <font color="#0033FF">先日 世界を放浪中という<br />神戸からきた20代の男子 <br />修造くんとお目にかかりました。<br /><br />彼は 元はF1レーサーを目指していたのだそうですが<br />体の不調が原因でその道から離れ<br />世界を巡る旅に出たのだそうです。<br />ベジタリアンでもある彼は<br />岐阜へはウーファー体験をしにやってきたのでした。<br />これまでアジア各国をめぐり<br />岐阜へ来る前は <br />中国を旅していたのだそうです。<br /><br />私がセッションの準備に入ろうかなとぼんやりしていると<br />修造くんが急に思い切った声で<br /><br />「あの 教えてほしいんですけど」<br /><br />と 声をかけてきました。<br /><br />修造くんは 少し緊張したような顔をしながら<br />私にこう問いかけました。<br /><br />「あの 間違った人生のくじをひいても<br />横の違うくじを引きなおせばなんとかなりますか?」<br /><br />ああ 彼もいつか誰かに聞いてみたかったのだなぁと<br />私は 思わず苦笑してこう答えました。<br /><br />「修造くん 間違いって何? <br />誰が間違いと正しいの判定をするの?」<br /><br />「いや、だって、ハヌルさんは<br />こっちに行くと間違っているからこっちへって<br />そう教えてくれるんでしょう?」<br /><br />私は、彼の正面に改めて正座をして向き直り<br />そうして彼の瞳を見ながらこう答えました。<br /><br />「熱い薬缶があったとするね<br />『熱いから触ったらあかんで!』と言うだけで <br />これは危ないんだなとわかる人がいる<br /><br />触って焼けどをして、これは危ないんだなとわかる人がいる<br /><br />触って大やけどをして腕を無くして、危ないとわかる人がいる<br /><br />そのどれも正解ではないし どれも間違っては無い<br />結局教えられていることは同じやからね<br />私はそれを話すだけなのよ」<br /><br />一息に話す私の言葉を聴いているうちに<br />修造くんの表情からは<br />彼自身は意識していないのだろうけれど<br />ゆるい興奮がみるみる抜けていくのがわかります<br /><br /><br />「正解はないんですか?」<br /><br />拍子抜けしたとでもいうような<br />彼の素を感じるその声色や<br />その様子をみていると<br />なんだか とても<br />私は幼い子をみているような<br />微笑ましいような気持ちになり<br /><br />「すべて正解 すべて間違い <br />そして そのどちらでもない」<br /> <br />と小さく笑うと<br /><br />「私はな そう思うんやな」<br /><br />そう答えたのでした。<br /><br />修造くんは 一瞬 <br />ふぅむと考え込むと<br />わかりやすい喩えでしたわ と <br />にっこりとした笑顔になりました。<br /><br />正解 と 間違い。<br />それは どちらでもありどちらでもない。<br />なぜなら <br />正誤を超えたものが<br />因果律を超えたものが<br />そこにあると知るために<br />私達はこうしてここにいるのだから。<br /><br /><br />そして 修造くんは<br />昨日の朝 再び<br />旅立っていったそうです。<br />次はヨーロッパへ行くと話していた彼。<br />ほんの一瞬のわずかな出会いではあるけれど<br />スピリチュアルな触れ合いの一こまでした。<br /><br /></font>
842

オカルト今昔。

近頃は もはや古典に属するといったほうがいいようなそんな書籍ばかり読んでいる。幼い子供の頃 私の住む田舎町にはちょっぴりの雑誌とバトミントンのラケットにタバコがごたまぜに一緒にならべてあるようなそんな雑貨屋しかなかったので極まれに隣の市の本屋に行ったときには舐めるように本棚を見て回ったものだった。今の私からは想像もつかないだろうが当時は何しろおやつを食べるより何よりも本を読んでいるほうが良かったの... <font color="#0033FF">近頃は <br />もはや古典に属するといったほうがいいような<br />そんな書籍ばかり読んでいる。<br /><br />幼い子供の頃 <br />私の住む田舎町には<br />ちょっぴりの雑誌と<br />バトミントンのラケットにタバコが<br />ごたまぜに一緒にならべてあるような<br />そんな雑貨屋しかなかったので<br />極まれに隣の市の本屋に行ったときには<br />舐めるように本棚を見て回ったものだった。<br />今の私からは想像もつかないだろうが<br />当時は何しろ<br />おやつを食べるより何よりも<br />本を読んでいるほうが良かったのだ。<br /><br />幼い私にとって<br />本屋は魅惑の宝箱だった。<br />けれど子供の私には<br />やっぱりどれも高額すぎて<br />ただ 眺めて我慢するほうが多かった。<br />それが 今 <br />隣の市にできたブックオフに行けば<br />そんな昔の憧れ本が<br />どれもこれも105円で手に入る。<br />有難い時代になったものだ。<br />シャーリー・マクレーンだとか<br />かつて一世を風靡した時代には<br />指を咥えて眺めていたけれど<br />「本との出会いは一期一会」が信条の私としては<br />とりあえず105円なんだからと<br />ついつい大人買いをしてしまうのだ。<br />まあ どれもこれも<br />今更手に取る人も少ないような<br />そんな本だけれども。<br />その上 部屋の片隅で<br />読む順番待ちの本が<br />ピラミッドを形成しかけているので<br />いったい何時読むのだか<br />自分でも良くわからないのだが。<br /><br /> <br /><br /><br />ところで今読んでいるのは<br />図書館で借りてきた<br />世界オカルト事典という書籍。<br />奥付の発行年月日が<br />昭和末期の本なので<br />これまた新しくは無い本だ。<br />しかしこれが 今読むと <br />私にはとても面白く感じている。<br /><br /><br />例えば <br />現在ではヒーリングといえば<br />何かのエネルギーを操作していることが<br />暗黙の了解っぽくなっている。<br />心霊 神仏 本人 宇宙 等々なんにせよ <br />かなり乱暴にいうならば<br />それはいうなれば<br />目に見えぬ何かのエネルギーを<br />対象に注入するか 操作するか<br />まあ そういったイメージが<br />一般的に流布しているのではないだろうか。<br />実はかつてそこには<br />マグネティズムという考えが存在していたのだ。<br /><br /><br />このマグネティズムは<br />宇宙を満たす帯磁性の液体<br />=動物性磁気であり<br />それが霊力、生命力の本質とみなす考え方だった<br />つまり <br />「磁気を豊富かつ協力に保有する者が<br />病人に一部を分け与えることで、<br />治療効果があがる」という考え方で<br />実際に 医術として使用され<br />ある程度の効果をあげていたのだという<br />19世紀に大流行したこの医術は<br />しかし その後やがて<br />スピリチュアリズムへと乗り換えられて<br />今ではすっかり忘れ去られたそうだ<br /><br />磁気というと<br />肩こりのネックレスなどを<br />思い浮かべる私だが<br />それでも人体は<br />一種の磁力を発し帯電したりもするし<br />それによって健康状態が<br />左右されることもあるとも思う<br />私がマグネティズムが面白いと思うのは<br />今一般的に言われるヒーリングのエネルギーが<br />あくまでも 非科学的な存在として<br />意識的に分類されているのに対して<br />マグネティズムは<br />科学というファンタジーによって<br />分類されているところだ<br />例えば テスラの永久機関とか<br />何かそういうものと同じに響きに聞こえて<br />なんだかわくわくしてしまう<br /><br />ただ 誤解を恐れずに言うのならば<br />人を癒すエネルギーは <br />今流布している考えとは別に<br />確かにマグネティズム的なものも存在していると思う<br />それが磁気という言葉で示すのは<br />さすがに乱暴な気がするが<br />私の少ない語彙と足りない頭では<br />うまく表現ができないので<br />「マグネティズム的なもの」としか言いようがない。<br />それは 私には電気の波動にも似ているように感じ取れ<br />そしてやはり宇宙に広がっており<br />時にそれによって<br />不調を起こしている人もいる気がしている。<br />そう まるで過充電をしてショートしているかのように。<br />砂鉄が磁石によって磁力を帯びて指向性をもつように。<br /><br />この本には<br />ズピリチュアリズムが<br />現代的なものとして誕生したきっかけとされる<br />ハイズビル事件も<br />スピリチュアリズムの項目に記載されていた<br />これは 通称フォックス姉妹事件として<br />呼ばれたりもしているので<br />ご存知の方も多いだろう<br />この事件の一連の流れをみれば<br />科学が進んだ今の時代と<br />さほど結局は大差がなく<br />スピリチュアリズムに対する態度は<br />古今変わらないのだと思わされたりもする。<br />そういった <br />歴史の流れを見ることができるのも<br />こういった古い書物のおかげなのだ<br /><br /><br />ただ 問題は<br />この本を読むと<br />とにもかくにも眠くて仕方がない。<br />少し読むと 1時間ほど眠ってしまう。<br />おかげで ちっとも進まない。<br />いったいいつ読み終わるのだろうか。</font>
841

忍耐について

「ペインシェンス(我慢比べ)は君が学ばなければならない資質を訓練するには、ぴったりのゲームだ。忍耐はとても大切だ。忍耐が足りないと、君は急いで行動しすぎて、計画をだめにしてしまうからだ。種子は播かれたら、時が来てそれが芽を出すまで君はまたなくてはならない。種がまだ準備できていないのに、そのまわりの土を掘り起こしたりすれば、植えたものをだめにしてしまうだろう。忍耐はこの道に入ったら誰にとってももっと... <font color="#0033FF"><strong>「ペインシェンス(我慢比べ)は<br />君が学ばなければならない資質を訓練するには、<br />ぴったりのゲームだ。<br />忍耐はとても大切だ。<br />忍耐が足りないと、<br />君は急いで行動しすぎて、<br />計画をだめにしてしまうからだ。<br />種子は播かれたら、<br />時が来てそれが芽を出すまで<br />君はまたなくてはならない。<br />種がまだ準備できていないのに、<br />そのまわりの土を掘り起こしたりすれば、<br />植えたものをだめにしてしまうだろう。<br />忍耐はこの道に入ったら<br />誰にとっても<br />もっとも大切な資質のひとつなのだ。<br />君は忍耐がまったく足りない。<br />だから私は君とペインシェンスをずっとやっているのだ。」<br /><br />「でも、私はこのゲームにもううんざりです。<br />あなたはひとつのことから別のことへ、<br />どんどん飛躍します。<br />そしてやっと、<br />どこかにたどり着きそうだと思って、<br />思考の意図を辿ってゆこうとすると、<br />また他の方向へ移ってしまって、<br />私は自分がどこにいるのか<br />わからなくなってしまうのです」<br /><br />「それは まさしく<br />私の意図していることだ。」</strong></font><br /><br /><br />ラスト・バリア より 抜粋
837

学びについて。

何年もずっと本を読んできて君はどこにたどり着いたというのだ?君の頭は理屈や概念で一杯だ。そして道を学んだ者が味わう体験に君はあこがれている。君の真の本質を理解するためにはまず、君の頭につまっている理屈や概念をすべて捨てねばならないのだ。本などはいらない。唯一の本は自然の描くものであり、人生そのものが学びなのだ。ハミッドの言葉 (ラスト・バリアより引用)... <font color="#FF0000"><strong>何年もずっと本を読んできて<br />君はどこにたどり着いたというのだ?<br /><br />君の頭は理屈や概念で一杯だ。<br />そして道を学んだ者が味わう体験に<br />君はあこがれている。<br /><br />君の真の本質を理解するためには<br />まず、君の頭につまっている理屈や概念を<br />すべて捨てねばならないのだ。<br /><br />本などはいらない。<br /><br />唯一の本は自然の描くものであり、<br />人生そのものが学びなのだ。</strong></font><br /><br /><font color="#0033FF"><font size="2">ハミッドの言葉 (ラスト・バリアより引用)</font></font>
834

あえて捨てる勇気。

時折 ご質問でいただくので今日は 「魂の進化」について少しだけ語ってみたい元々 私たちの概念での「進化」という言葉で魂の進んでいくさまを表すことが不適当だと思われるのでまず その「進化」という言葉を捨てることそれ自体が既にある種の思い込みであり枷となっているのだから言い換えれば今の自分ではない自分へと進むための方法そう書いたほうがわかりやすいかもしれないでは どうするかそう それはある程度 スピリ... <font color="#0033FF">時折 ご質問でいただくので<br />今日は 「魂の進化」について少しだけ語ってみたい<br /><br />元々 私たちの概念での「進化」という言葉で<br />魂の進んでいくさまを表すことが<br />不適当だと思われるので<br />まず その「進化」という言葉を捨てること<br />それ自体が既にある種の思い込みであり<br />枷となっているのだから<br /><br />言い換えれば<br />今の自分ではない自分へと進むための方法<br />そう書いたほうがわかりやすいかもしれない<br /><br /><br />では どうするか<br /><br />そう それは<br />ある程度 <br />スピリチュアルに耽溺したら<br />あえてそこから離れてみること<br /><br /><br />例えば 生活の中でおきてくる様々なこと<br />そんないろいろなことに意味を求めたり<br />目に付くもの 例えば<br />数字とか 言葉とか<br />そういった物事にメッセージを探さないこと<br /><br />そして 自分が<br />特別なのだという意識を捨てること<br />自分には何か使命があるとか<br />人生に意味を求めないこと<br />ただ 目の前のことだけをこなすこと<br /><br /><br />あえて 知識を捨てる勇気<br /><br /><br />正解などないのだから<br />正解探しをやめること<br /><br /><br />魂のままに生きるということ<br />ナチュラルに生きるということは<br />とてもシンプルで<br />それは 例えば<br />意味探しゲームをすることではないのだ<br /><br />「意味を見つけるために意味を探す」ということに<br />陥っているゲームから抜け出すと<br />世界の姿が変容するのを感じるだろう<br /><br /><br /><br />そのとき あなたの視点は<br />地上であり俯瞰である位置へと広がる<br />それはつまり意識を拡大することなのだ<br />そして それがつまるところの<br />「魂の進化」という状態の<br />ひとつとも言えるかもしれない</font><br /><br /><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop