ハヌル天願宮へようこそ
現在の閲覧者数:

こんにちは
岐阜県在住スピリチュアルカウンセラー
火水ハヌル
(Hanuru Himitsu)です。
現在『霊能者』(シャーマン)として
日本国内及び海外にて
霊視によるカウンセリング
遠隔&対面
行っております。
ハヌルの素顔と
ちょっと不思議で
スピリチュアルな
つれづれ日記をどうぞ♪
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルの最新情報はコチラ↓
Heart Mind and Soul
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルのセッションは コチラでCheck!↓
火水ハヌルのheart mind and soul
* * * * * * * * * *
HPただいま工事中♪
Spiritual healing Salon
   ハヌル
http://hanuru.jimdo.com/
カテゴリ
検索フォーム
144

素晴しきこの世界の果てで。

この地球上には常に争いがあるこの地球上には常に苦しみがあり悲しみがあるあちらこちらからあがる怨嗟の声彼方より来襲する絶望昨日を断ち切られ明日を切り捨てる腐りゆくひとであったものその膿をすすりて のたうつもの怒り うらみ 呪い聞こえない絶叫もはや流れぬ涙頭を踏みにじられた赤ん坊が最後の息を吐くそのときに一体何を思うのだろう私は無力だここで ただ 自分が無力だと知ることしかできない世界中で今この瞬間に... この地球上には常に争いがある<br />この地球上には常に苦しみがあり悲しみがある<br /><br />あちらこちらからあがる怨嗟の声<br />彼方より来襲する絶望<br />昨日を断ち切られ<br />明日を切り捨てる<br /><br />腐りゆくひとであったもの<br />その膿をすすりて のたうつもの<br />怒り うらみ 呪い<br />聞こえない絶叫<br />もはや流れぬ涙<br />頭を踏みにじられた赤ん坊が<br />最後の息を吐くそのときに<br />一体何を思うのだろう<br /><br />私は無力だ<br />ここで ただ <br />自分が無力だと知ることしかできない<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%96%E7%95%8C" class="tagword">世界</a>中で今この瞬間に起こっている<br />全ての苦しみ悲しみを<br />私は想像することしかできない<br />テレビ ネット 新聞のニュース<br />視覚や聴覚に訴えるこれらは<br />ただ情報を伝えるだけだ<br />感情を刺激されるだけにすぎない<br /><br />たとえ同調し<br />それを体感したとしても<br />それは私の経験ではない<br />感覚を共有しても<br />それは私の身に降りかかったことではないのだから<br />そのほんのひととき<br />理解したような気分を味わうだけなのだ<br /><br />それでも私は願った<br /><br />「どうかお願いです<br />もう終りにしてください<br />私は十分汚れ穢れています<br />ですからどうぞ全てを私の身に与えてください<br />お願いします もう十分ですから<br />どうぞ全てのこの世の苦しみを<br />私だけに与えてください」<br /><br />何も出来ない私は<br />何も出来ない苦しさから逃れたかった<br />そう ただ自分の苦しさから逃れるために<br />私は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%96%E7%95%8C" class="tagword">世界</a>の全ての苦しみを<br />自分に与えろと願ったのだ<br />こんなものは<br />ただの自己満足だと知りながら<br />いや 知っているからこそ<br />祈りの無意味さを思い<br />ただ願ったのだった<br /><br />私が生きる小さな「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%96%E7%95%8C" class="tagword">世界</a>」は<br />何もかもがいっしょくたになり<br />天使も精霊も悪魔も仏陀もハイヤーセルフも<br />憎しみも悲しみも喜びも嬉しさも<br />混沌の中に息づいている<br />絶望と希望の重さは同じだ<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%85%89" class="tagword">光</a>の速度と影の速度は引き合っている<br />その全ては意味を持ち<br />そしてなおかつ意味を持たない<br /><br />私はあまりに小さい<br />だからこそ<br />誰かのために祈ることはできない<br />何かのために祈ることはできない<br />そこに自分の満足を<br />そこに自分の快楽を見つけてしまうから<br />自分のために祈ることしか<br />私には出来はしないのだ<br /><br />そして私がどう思おうと<br />どう感じようと<br />感情がどれほど沸き立とうとも<br />それでもすべてに<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%85%89" class="tagword">光</a>が降り注ぐのが観える<br /><br />踏み殺される赤ん坊に<br />足蹴にしているその男に<br />頭を吹っ飛ばされた老人に<br />銃を向けた兵士に<br />レイプをしているひとに<br />捕まえられ手足をもがれたひとに<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%85%89" class="tagword">光</a>は降り注ぐ<br />それが私にとっての現実だ<br /><br />けれどその苦しみに<br />私は語りかける言葉すら持てはしない<br />その悲しみに<br />私は分かった顔すら出来はしない<br />今 ここにいる私には<br />ただ事実として知るしかできないのだ<br /><br /><br />今はもう愚かな願いはしない<br />喜びと苦しみの<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%96%E7%95%8C" class="tagword">世界</a>の果てで<br />恥じる自分を見たくはない<br /><br /><br />今日も私は<br />自分の偽善と欺瞞を<br />見つめている<br /><br /><br /><br />
145

すばらしきこのせかい。:2

独裁者と言うとき皆さんは誰を頭に浮かべるだろう私は 北朝鮮の金正日のことが浮かんでいた確かにマスコミの北朝鮮報道を目にするとき耳にするとき飢えた家無き人民とはまったく対照的な大きな体格をしたあの人物を暗に日向に報道は独裁者として扱っている独裁者ランキングというものをご存知だろうかこの「世界の最悪の独裁者」ランキングは米のパレード誌が行っているもので世界の人権保護団体からの報告なども参考に毎年恒例的... <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85" class="tagword">独裁者</a>と言うとき<br />皆さんは誰を頭に浮かべるだろう<br />私は 北朝鮮の金正日のことが浮かんでいた<br />確かにマスコミの北朝鮮報道を<br />目にするとき耳にするとき<br />飢えた家無き人民とはまったく対照的な<br />大きな体格をしたあの人物を<br />暗に日向に報道は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85" class="tagword">独裁者</a>として扱っている<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85" class="tagword">独裁者</a><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0" class="tagword">ランキング</a>というものをご存知だろうか<br />この「世界の最悪の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85" class="tagword">独裁者</a>」<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0" class="tagword">ランキング</a>は<br />米のパレード誌が行っているもので<br />世界の人権保護団体からの報告なども参考に<br />毎年恒例的に選出されている<br />今回の報告も<br />「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」や「国境なき記者団」<br />「アムネスティー・インターナショナル」の<br />各種報告を使用している<br />その<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0" class="tagword">ランキング</a>によれば<br />金正日は第2位なのである<br /><br /><br />私は驚いた<br />金正日よりもひどい指導者が<br />どこかの国にいるというのか?<br />あの食うや食わずのやせこけた人民の画像<br />拉致された人々 思想統一教育<br />日々報道されるこれらは十分怖ろしいものに思える<br />果たしてそれはどこの国なのだ?<br />それは今更アミンか?チャウシェスクなのか?<br />いやいや<br />スーチーさんを未だ軟禁中のミャンマーかもしれない<br />ところがぶっちぎりでワースト第1位を独走中なのが<br />オマル・バシルという人物だった<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB" class="tagword">アフリカ</a>大陸で<br />最大の国土を持つといわれる<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3" class="tagword">スーダン</a>の大統領だ<br />ちなみにミャンマーのタン・シュエ議長は<br />第3位に選ばれていた<br /><br />「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3" class="tagword">スーダン</a>」<br />それは国連元議長のアナン氏をして<br />「人道に対する罪」と言わしめた国<br />この国で今<br />私がこの一文字を打つ瞬間にも<br />政府によって行われていること<br />それは「民族浄化」と呼ばれているものだ<br />米国のタイム誌は<br />民族浄化というものが何なのかを<br />掲載していた<br /><br /><br />5人の男たちから1週間以上、毎日、強姦され続けました。<br />ジャンジャウィード(※)がわたしを強姦し終わると<br />手と足を一緒に縛って逃げられないようにしました。<br />10日ほどすると彼らは、<br />母とわたしを残してどこかに立ち去りました。<br />わたしは強姦されすぎて<br />歩くことも座ることも出来ませんでした。<br />(カイレク村で生き延びた15歳の少<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>の証言)<br /><br />ジャンジャウィードとは<br />地域のアラブ系から募集され<br />政府の支援により武装した民兵のことだ<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3" class="tagword">スーダン</a>政府は <br />このジャンジャウィードという民兵組織を使い<br />ダルフールというエリアに住む<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB" class="tagword">アフリカ</a>系住民に対して<br />無差別に虐殺・レイプ・強奪を組織的に開始した<br />馬で機動性を持たせたジャンジャウィードが<br />村々を襲って殺戮を繰り広げる一方<br />その前後に政府軍が<br />戦闘ヘリや航空機で<br />こうした村を爆撃や機銃掃射で攻撃を加えるという<br />共同作戦を展開している<br />襲撃を受けて逃げてた村民たちは<br />民兵たちに狩り出され<br />1ヵ所に集められた<br />ジャンジャウィードはそれから<br />約1ヶ月間にわたり毎日2~3人を<br />目の前で処刑していった<br />数十人の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>性がレイプされた<br />そして殺されていった<br />この少<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>もレイプの犠牲者の一人<br />そして「生き延びた」一人だ<br /><br />ダルフールでは<br />これまでに既に<br />1万人が虐殺されている<br />ある小学校では突然攻め込まれた民兵によって<br />12歳未満の子供達が黒板の前に並ばされ<br />順番に一人づつ撃ち殺されていった<br />黒板にはいまだに<br />子供達の吹き飛んだ脳髄が<br />乾いてこびりついている<br /><br />食料の補給を断たれ<br />すでに<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BA" class="tagword">エイズ</a>のほか<br />様々な疫病までが蔓延しており<br />逃げた人々も大量死し始めるのは<br />時間の問題になっている<br />飢餓のなか危険を犯して<br />食料や薪を探しに行くのは<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>性だ<br />男の場合民兵に見つかったら<br />100%殺される<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>ならば強姦される「だけ」で<br />殺されない可能性もあるからだ<br />それは何故か<br />「民族浄化」だからだ<br />レイプされた非アラブ系<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%B3" class="tagword">女</a>性が<br />妊娠し出産するのは<br />「民兵の子供」である<br />つまりレイプとは<br />「人種を浄化する行為」なのだ<br />男を殺し女を犯し自分達の子供を生ませる<br />これは世界各国で<br />古代から営々と行われてきた<br />自分たちにとっての穢れて劣った民族を<br />殲滅するための「浄化」なのである<br /><br />実際問題として<br />このレイプにより<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BA" class="tagword">エイズ</a>は爆発的に広がった<br />結果的に言えばその<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BA" class="tagword">エイズ</a>は<br />どうにか死ななかった人々を死に至らしめ<br />当然アラブ系住民をも巻き込んでいった<br />「死」という「浄化」の翼が<br />この国を覆い尽くしてしまったのだ<br /><br />国連も世界の警察を自認するアメリカも<br />このダルフールでの政府による組織的虐殺を<br />ジェノサイドであるとは言わないでいる<br />そのためにどの国も派兵の予定もない<br />日本では関心を持つ人すらどれほどいるのだろう<br />しかし元々鎖国に近かった<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3" class="tagword">スーダン</a>において<br />外交圧力などたいした力にはなりはしないのだ<br />そうして今日も<br />人間狩りの獲物として<br />彼らはなぶり殺しにされる<br />彼女らは精子を流し込まれ殺される<br /><br />それは昨日まで<br />乾いた畑を耕し<br />薪を拾い<br />わずかな水を有難がった<br />穏やかな農民たち<br />星を数え<br />先祖の歌を歌い<br />神を崇め<br />空気の精霊に挨拶をする<br />そんな農民たち<br /><br />彼らの畑の上には<br />今 彼らのはらわたが<br />撒き散らかれている<br /><br />ここ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3" class="tagword">スーダン</a>には<br />もはや 逃げ場など無い<br /><br /><br />(続く)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
146

すばらしきこのせかい。:1

最近私は ソ連の崩壊以前からロシアに住んでおられるある方のブログを毎日続けて読んでいた元々世界中に住んでおられる様々な人々のこれまた様々な生活を あれこれ覗き見するのが大好きで毎週土曜日の朝になると必ず「知っとこ!」の中の世界の朝ごはんのコーナーを見ずにはいられないのが私なのだところがそのブログを拝見するうちにある言葉にぶつかったノルド・オストその言葉を見た瞬間閃光の如くある記憶がよみがえったのだ... 最近私は <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%BD%E9%80%A3" class="tagword">ソ連</a>の崩壊以前から<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2" class="tagword">ロシア</a>に住んでおられるある方の<br />ブログを毎日続けて読んでいた<br />元々世界中に住んでおられる様々な人々の<br />これまた様々な生活を <br />あれこれ覗き見するのが大好きで<br />毎週土曜日の朝になると必ず<br />「知っとこ!」の中の<br />世界の朝ごはんのコーナーを<br />見ずにはいられないのが私なのだ<br /><br />ところがそのブログを拝見するうちに<br />ある言葉にぶつかった<br />ノルド・オスト<br />その言葉を見た瞬間閃光の如く<br />ある記憶がよみがえったのだ<br />それはある本に掲載されていた白黒の<br />若い女性の顔写真たちだった<br />みな若く美しく優しげに微笑んで<br />中には悲しげに顔をこわばらせて<br /><br />彼女達は「黒衣の未亡人」と名づけられ<br />そして死んでいった<br />死して尚 彼女達はこう呼ばれている<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テロリスト</a>と<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2" class="tagword">ロシア</a>軍に家族を惨殺され<br />心を蝕まれたところを狙われる<br />あるいは怖ろしいほどの赤貧につけこまれる<br />場合によっては歩いているところを拉致される<br />中には彼女自身の家族が<br />組織の末端構成員として彼女を騙しこむ<br /><br />終わることの無いレイプ <br />自我を喪失させる目的で使われる薬物<br />飢餓を癒すための借金<br />そうして身動きのできない状況をつくりあげた男達は<br />薬によって意思を奪われた彼女の腰に<br />爆弾を取りつけ<br />目的の場所へ放置するのだ<br />彼らの目的は遠隔操作によって<br />「生きた爆弾」が目的を果たすのを<br />ビデオにとり電波に乗せること<br />「彼女たちは<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2" class="tagword">ロシア</a>への怒りで自ら死んだ」<br />ただ それだけのためだ<br />その事実を作るためだけに<br />今日も彼女達は<br />ボタンひとつで吹っ飛ばされている<br /><br />ノルド・オストのあの日<br />彼女達の腰につけられていたのは<br />ニセモノの爆弾だった<br />それどころか彼女達の中には<br />前日に人数あわせにと集められただけのものもいた<br />何をするのか何も分かっていなかった<br />帰りの切符を渡されて<br />家でまつ子飢えた供に<br />今日はパンを買ってやれると信じて<br /><br />そうして幼い子供の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%AF%8D" class="tagword">母</a>は<br />いきなり頭を撃ち抜かれた<br />もはや誰が犯人で<br />誰が人質なのか<br />いや 一体何が起こっているのか<br />分からないまま劇場の中へ<br />殺人ガスが投げ込まれ<br />機関銃が連射された<br />全てをしっていたのは<br />監視役の男たち<br />女性達はほぼ全員が<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テロリスト</a>として<br />殺されていったのだった<br /><br /><br />(続く)<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop