ハヌル天願宮へようこそ
現在の閲覧者数:

こんにちは
岐阜県在住スピリチュアルカウンセラー
火水ハヌル
(Hanuru Himitsu)です。
現在『霊能者』(シャーマン)として
日本国内及び海外にて
霊視によるカウンセリング
遠隔&対面
行っております。
ハヌルの素顔と
ちょっと不思議で
スピリチュアルな
つれづれ日記をどうぞ♪
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルの最新情報はコチラ↓
Heart Mind and Soul
* * * * * * * * * * * * *
ハヌルのセッションは コチラでCheck!↓
火水ハヌルのheart mind and soul
* * * * * * * * * *
HPただいま工事中♪
Spiritual healing Salon
   ハヌル
http://hanuru.jimdo.com/
カテゴリ
検索フォーム
1292

【開運】5分でできる「冬至の魔除け」とまとめ

冬至節快楽!(冬至節おめでとう!)本日は冬至です。今夜は柚子風呂に入ってぬくぬく温まりたいですね。柚子=融通 冬至=湯治 という 言葉をかけた柚子湯という日本ならではの冬至節の伝統行事は江戸時代に銭湯が登場してから広まった習慣と言われています。柚子は柑橘類のミカンと同じくクエン酸やビタミンCを含むので美肌効果もありまた何より その香りが心を和らげてくれます。しかし、現代の私達のこと・・・・とにかく... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b59836bb.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b590f5cb.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b5a2e2fc.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b59d165e.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><font color="#0066FF">冬至節快楽!(冬至節おめでとう!)<br /><br />本日は冬至です。<br /><br />今夜は柚子風呂に入ってぬくぬく温まりたいですね。<br /><br /><br />柚子=融通 冬至=湯治 という 言葉をかけた<br /><br />柚子湯という日本ならではの冬至節の伝統行事は<br /><br />江戸時代に銭湯が登場してから広まった習慣と言われています。<br /><br /><br />柚子は柑橘類のミカンと同じく<br /><br />クエン酸やビタミンCを含むので美肌効果もあり<br /><br />また何より その香りが心を和らげてくれます。<br /><br /><br />しかし、現代の私達のこと・・・・<br /><br />とにかく時間がない! そんな方も多いかもしれません。<br /><br /><br />そんなあなたの為に<br /><br />冬至の伝統的な魔除けを5分でできるように考えてみました。<br /><br /><br /><br /><font color="#FF0000"><strong>1)柚子湯の代わりに 柚子茶を飲もう!</strong><br /><br />本来は柚子を入れたお風呂に入るものですが<br />柚子茶を飲む事により香りによる簡易的な邪気払いを行えます。<br />またビタミンCが摂取できるので、<br />南瓜を食べる風習の意味(風邪の予防)から<br />冬至節の意味にもぴったりですね。<br />コンビニで南瓜のお惣菜をプラスするなどで<br />より冬至を楽しみましょう。<br /><br /><br /><br /><strong>2)あんまんを食べよう!</strong><br /><br />パワーあふれる丸の形と <br />冬至の日に邪気を祓う小豆の組み合わせは<br />まさにパーフェクト!<br />日本はお米の国なので米粉でできたものがベストですが<br />小麦の取れるエリアでは小麦粉を使ったもので祝うのが冬至節です。<br />お手軽簡易版ではありますが、<br />今日はあんまんを食べて魔除けを行いましょう。</font><br /><br /><br /><br /><br />その他 <br /><br />冬至に邪気祓いをしたい方や開運をしたい方は<br /><br />下のリンクを参考にしてみてくださいね。<br /></font><br /><br /><font size="3">●冬至節 記事まとめ</font>(リンクになっています)<br /><br /><font color="#FF0000">2011版</font><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-11107792439.html" target="_self">太陽の祝祭!『冬至』を知ろう。</a><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-11108978368.html" target="_self">【開運】冬至は小豆で開運!:韓国</a><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-11110070393.html" target="_self">【開運】冬至は神の祝祭日であるということ(追加有)<br /></a><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-11110862314.html" target="_self">【開運】冬至は餃子&湯圓(冬至圓)で開運!:中国</a><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-11112875248.html" target="_self">【開運】誰でも簡単にできる冬至の開運方法は?</a><br /><br /><br /><font color="#FF0000">2010版<br /></font><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-10744706566.html" target="_self">誰でもできる冬至の夜の浄化クリアリング。</a><br />※アロマを使った冬至の浄化方法や<br /> 瞑想による浄化方法などをご紹介しています。<br /><br /><font color="#FF0000">2009版</font><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-10416738315.html" target="_self">今日は冬至。</a><br />※簡単に柚子湯や南瓜を食べる意味などを紹介しています。<br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a>
  • Date : 2011-12-22 (Thu)
  • Category : ☆開運
1291

【開運】誰でも簡単にできる冬至の開運方法は?

吉祥色の赤と幸せを運ぶ金色の小鳥毎日冬至について書いてきましたが、昨日は忙しくてUPできませんでした。本日はまず冬至の夜に食べると良いと言われるもののご紹介。また一番最後に 冬至の前夜から当日まで意識して行うとよい簡単な開運方法を赤字で書いてありますので難しい事はこの際必要なし!な方は赤字の部分をお読みください。冬至が元々は1年の始まりであるという事はここまでお読みくださっている皆さんにはもうよくお... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b54d3224.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b531f9b1.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br />吉祥色の赤と幸せを運ぶ金色の小鳥<br /><br /><font color="#0066FF">毎日冬至について書いてきましたが、<br /><br />昨日は忙しくてUPできませんでした。<br /><br />本日はまず冬至の夜に食べると良いと言われるもののご紹介。<br /><br /><br />また一番最後に <br /><br />冬至の前夜から当日まで意識して行うとよい簡単な開運方法を<br /><br /><font color="#FF0000">赤字</font>で書いてありますので<br /><br />難しい事はこの際必要なし!な方は<br /><br /><font color="#FF0000">赤字の部分</font>をお読みください。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />冬至が元々は1年の始まりであるという事は<br /><br />ここまでお読みくださっている皆さんには<br /><br />もうよくお分かりになっていることと思います。<br /><br /><br />今でも特に中国では冬至の前日からお祝いを行う人々がいます。<br /><br />元々、冬至が元旦だったのですから、<br /><br />その前日である今日はまさに『大晦日』にあたります。<br /><br />つまり冬至の前日から行事を行うのは、<br /><br />私達が大晦日に年越し蕎麦を食べたり<br /><br />お餅をついたりするようなことにあたります。<br /><br />そう考えると、少し身近な感覚に感じますね。<br /><br /><br /><br />中国の江蘇省や浙江省の人々は冬至の前日の夜を「冬至の夕べ」と言い、<br /><br />鶏や豚、アヒル、魚などを料理し御馳走を並べ盛大な宴の席を設け、<br /><br />それを家族や親戚とともに楽しみます。<br /><br />また、その席では砂糖を加えた「冬至酒」を飲みます。<br /><br />この夜に並べられる御馳走は「冬至の肉」「冬至の魚」と呼慣らわされ、<br /><br />中でもこの日に醤油で煮た「冬至の肉」を食べると、<br /><br />体が強くなり健康になると言われています。<br /> <br /><br />一方御馳走の中でも「冬至の魚」は象徴として並べるだけで、<br /><br />これを食べる事はしません。<br /><br />もし並べた魚を食べたとしても、<br /><br />その魚の頭と尾は残して米びつに入れることになっています。<br /><br />これは「吃剰有余」(食べるのに余裕がある)と言われる習わしです。<br /><br />実は中国の言葉で「余」と「魚」は発音が同じことから、<br /><br />年頭(頭)から年末(尾)まで<br /><br />米にゆとりがある(余る)ことを願うという、<br /><br />おまじないの風習なのでした。<br /><br /><br />そして翌日冬至の早朝には、一家団らん万事円満の願いを込めて、<br /><br />家族で冬至圓を作ります。<br />(冬至圓については前の記事で書きましたね)<br /><br />また節日の食べ物を載せた「冬至の盆」を持ち<br /><br />親戚や友人の家へ出かけ冬を祝うのです。<br /><br /><br /><br />この様子は、かつての日本のお正月の様子に、<br /><br />とてもよく似ていると思いませんか?<br /><br /><br /> <br />また福建省や台湾省の各家でも、<br /><br />同じように冬至の前夜に家族みんなで食事をした後、<br /><br />円になって座って「冬至圓」を作ります。<br /><br />特に台湾では<br /><br />『不吃金丸(?湯?)、?丸(白湯?),不長一歳』とか<br />(冬至に金団子(紅団子)と銀団子(白団子)を食べないと年を越せない)<br /><br />「了冬至圓,歳数長一年」といい<br /><br />冬至圓を食べるとひとつ年を取るのだと今でも言うのだそうです。<br /><br />これもかつて正月だった名残を感じさせますね。<br /><br /><br /><br /><br />福建省では この冬至圓を作る時には<br /><br />「團團圓圓」「圓圓滿滿」<br /><br />(丸めて丸めて、まーるく丸めて。毎年どんどん大きくなるよ。<br /><br />大人は福と長寿を手に入れ、子供は歌を歌う)と、<br /><br />昔ながらの歌を歌って子供に聞かせるそうです。<br /><br />丸で白というところや紅白のおめでたさ、日本のお餅を連想させますね。<br /><br /><br />実は私の家でも毎年年末の28日はお餅をつき<br /><br />同じように家族で餅を丸める風習を持っています。<br /><br /><br />よく西日本は丸餅といいますが、 <br /><br />このように「丸」や「円」に対する聖なるイメージというのは<br /><br />非常に古くから人の心が感じて来たものであり<br /><br />米で丸いものを作るという事が<br /><br />実はとても古い聖なる儀式で<br /><br />それはアジアに広がる普遍的な物である事がよくわかりますね。<br /><br /><br />勿論ここには<br /><br />米作文化の伝播とともにやってきた<br /><br />シャーマニズムというものが隠れています。<br /><br /><br />しかし「丸」や「円」に対する信仰は世界中に残されているもので<br /><br />これはただ日本や中国ひいてはアジアだけにあるものではありません。<br /><br />例えば有名なイギリスのストーンヘンジに代表される環状列石や<br /><br />また シベリアのペロポディアの環という伝承 など<br /><br />多種多様な形で世界中に残されているのです。<br /><br />つまり人類が円環というものの「力」を伝えて来た事を表す<br /><br />サインのようなものではないでしょうか。<br /><br /><br /><br />少し難しい話になってしまいましたので<br /><br />再び冬至の食べ物のお話の続きです。<br /><br /><br /><br />冬至圓は基本的には丸い形であり、<br /><br />色は白または紅白の2色が多いのですが<br /><br />中には牛や羊、桃、ミカンなどの形を作り華やかに赤や緑の色で染め、<br /><br />6畜(豚、牛、羊、馬、鶏、犬)の繁殖や各種果実の豊作を願う家もあるようです。<br /><br />この6畜の中に犬が含まれているのも<br /><br />現代の私達には少し不思議な気がしますね。<br /><br />私達にとって犬とは今やペットであり、家畜ではないのですから。<br /><br /><br /><br /><br />さて話を戻します。<br /><br />広東省の客家でも<br /><br />「冬至に団子を作れば、夏至には田んぼが買える」と言われており、<br /><br />冬至圓は家に富をもたらす食べ物と考えられてきました。<br /><br />また彼らは冬至に羊肉を買い「姜棗羊肉」という料理を作ります。<br /><br />羊肉が手に入らなかったら、雄鶏をしめてこれを作るのですが<br /><br />肉をぶつ切りにして生姜と一緒に柔らかく煮込み<br /><br />適量の棗、赤砂糖、黄酒(紹興酒が代表的)を加えて作るものです。<br /><br />この料理は体を温め滋養の効果があるとされており、<br /><br />特に年配の方は、これを食べれば冬中暖かく丈夫に過ごせ<br /><br />病にかかる心配はないと言い伝えられているそうです。<br /><br />「姜棗羊肉」は一種の薬膳料理であり<br /><br />1年中で最も寒い冬至が体が弱い年配者にとっては辛い時期で<br /><br />医療が進んでいない時代には病にかかったり亡くなる方が多かった事や<br /><br />儒教によって年が上の者を大切に扱う習慣、<br /><br />また1年の内で一番「年が年を取っている」ことから<br /><br />家族の中の年配者を「年」の象徴とする考えなどが合わさって<br /><br />特に年配の方に勧められるようになったのでしょう。<br /><br /><br />例えば四川省の成都では冬至の日に<br /><br />それぞれお年寄りの体質に合わせ薬材を買い、<br /><br />それを使って鶏や豚の肉を煮込んで年寄りに食べさせる習慣があります。<br /><br />そのため冬至になると道端に漢方薬の屋台が並び<br /><br />それを買い求める竹籠を背負った人々が行き交うのだそうです。<br /><br />こういったことは日本には無い風習ですね。<br /><br /><br /><br />さてでは  いよいよ本題です。<br /><br />私達は冬至にはどんな過ごし方をすると開運に繋がるのでしょうか。<br /><br /><br /><font color="#FF0000"><strong>1)太陽を意識しよう</strong><br /><br />・・・冬至は陰陽が整えられ太陽が再生する日です。<br />前日の夜は感謝の心で過ごし <br />早起きし日の出を拝み新生のエネルギーを受け取りましょう<br /><br /><br /><strong>2)家族や仲間を意識しよう</strong><br /><br />・・・冬至は全てが等しく再生と新生のエネルギーを受け取る日。<br />自分個人だけではなく、家族や仲間、<br />大きくは世界に対して慈愛の意識を広げましょう。<br /><br /><br /><strong>3)古いもの悪い事の終わりを意識しよう</strong><br /><br />・・・冬至は全てが終わり再生する日です。<br />1年の中の悪い事の区切りが付き、物事に新しい陽のエネルギーが注がれます。<br />意識的にポジティブな思考へ切り替えましょう。<br /><br /><br /><strong>3)赤いもの 丸いもの を意識しよう</strong><br /><br />・・・赤い色の持つ生命力 上昇する力 燃やす力を取り入れ<br />丸い形の持つ運動する力 円環の力 を取り入れましょう。<br /><br /><br /><strong>4)健康を意識しよう</strong><br /><br />・・・陰が極まる時です。自分の生活を見直し、まず肉体の健康を考えましょう。<br />健全な考えは健全な体に宿ります。そして健全な考えは健全な心を生み出します。<br /><br /><br /><strong>◆冬至の日に特にお勧めの食べ物</strong><br /><br />・小豆 ・餅 ・団子  </font><br /><br /><br />その他 アロマなどを使った冬至の浄化を<br />昨年の記事で書いていますのでよろしかったらご覧ください。</font><br /><br /><a href="http://ameblo.jp/hanuru-sparkmeter/entry-10744706566.html" target="_blank"><u>誰でもできる冬至の夜の浄化クリアリング。</u></a><br /><br /> <br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-12-21 (Wed)
  • Category : ☆開運
1289

【開運】冬至は神の祝祭日であるということ(追加有)

北京天壇公園で再現された清代の「祭天儀仗」前回は韓国の冬至のお話を書きました。今回は中国の冬至のお話です。とはいえ 中国はとてもとても大きな国。北と南では随分風習も違います。しかし 冬至の日は天地の陽気が戻る吉日と考えられておりどこの地方でもこの日は家族団らんでお祝いする風習を持っています。「冬至は新年(春節)のごとく大切である」これは中国でいかに冬至を大切に考えて来たかがわかる言葉ですね。320... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b37032b5.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b3638e50.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><font color="#666666">北京天壇公園で再現された清代の「祭天儀仗」</font><br /><br /><br /><font color="#0066FF">前回は韓国の冬至のお話を書きました。<br /><br />今回は中国の冬至のお話です。<br /><br />とはいえ 中国はとてもとても大きな国。<br /><br />北と南では随分風習も違います。<br /><br />しかし 冬至の日は<br /><br />天地の陽気が戻る吉日と考えられており<br /><br />どこの地方でもこの日は<br /><br />家族団らんでお祝いする風習を持っています。<br /><br /><br />「冬至は新年(春節)のごとく大切である」<br /><br />これは中国でいかに冬至を大切に考えて来たかがわかる言葉ですね。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b3d25a16.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b3c56bf5.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><font color="#333333">320人から成る儀仗隊が西天門から祈年殿までを進む</font><br /><br /><br />中国が共和国になる以前には<br /><br />冬至の日 皇帝は天壇で天を祭り<br /><br />庶民は神や祖先を祭った後一家団欒して宴を楽しみ冬を祝いました。<br /><br />冬至は皆さんご存知のとおり旧暦の24節気の1つ。<br /><br />古代中国の暦の作成において最も早くに確立された節気になります。<br /><br />3000年以上前の中国・周代(紀元前1046~同256年)の暦法で、<br /><br />この日を1年の始まりとしたのが冬至の元々の始まりです。<br /><br />その後、漢代(紀元前206~紀元220年)で暦法が改正され<br /><br />正月1日を新年とするようになったのですが<br /><br />周代から受け継がれていた千年来の歴史あるならわしは<br /><br />国家の政令が変革されても断絶されることはなく<br /><br />その後2000年以上に渡り歴代皇帝は<br /><br />冬至に祭天 つまり天を祭る盛大な儀式を行ったのでした。<br /><br />このため現在でも中国では場所により<br /><br />冬至の事を「亜年」と呼んだりするのだとか。<br /><br /><br />この遥か何千年もの昔に定められた中国での冬至の風習が<br /><br />伝播し受け継がれたもの  それが<br /><br />今私達が行っている冬至の行事なのですね。<br /><br />そう 冬至とは 太陽の祭典であり<br /><br />「天」をまつる行事だったのです。<br /><br />そして歴史の中で中国の文化の影響を受けた様々なアジアの国々で<br /><br />今も少しづつ形を変えながらも<br /><br />冬至という行事が息づいているのでした。<br /><br /><br />例えば日本では『続日本記』によると <br /><br />延暦4年(785)の冬至、<br /><br />桓武天皇は河内国交野郡で天の神と先帝を祭ったとあります。<br /><br />これが日本での冬至の一番古い記録となるでしょう。<br /><br /><br /><br />また前回の記事に書いた韓国でのパッチュクを食べる習慣も<br /><br />私達が南瓜を食べ柚子風呂に入る習慣も<br /><br />元をたどれば<br /><br />中国の皇帝が行った聖なる儀式へと源流をたどる事になるのです。<br /><br /><br /><br /><br />では中国の皇帝は<br /><br />どのような儀式をもって天を祭ったのでしょうか。<br /><br /><br /><br />冬至の祭天は 極めて大切な荘厳な儀式でした。<br /><br />冬至の前日、皇帝は天壇の南にある「斎宮」で斎戒を行い<br /><br />敬虔で神聖かつ純潔な気持ちを示します。<br /><br />そして冬至の早朝、<br /><br />灯籠に照らされた石畳の小道に沿って、<br /><br />さまざまな供え物をいっぱいに並べた圜丘壇に登り<br /><br />道士が演奏する古典音楽のなか、<br /><br />天の神と先帝の位牌を敬虔に祭り、<br /><br />天候の順調や豊作、国泰民安を祈ったのでした。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b4320821.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b3d72ac4.jpg" alt="霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><font color="#000000">納西族の祭天の様子</font><br /><br /><br />中国の雲南省に住むナシ(納西)族には<br /><br />今でも盛大な祭天の儀式が残っています。<br /><br />彼らは木を立てて、米や家畜を供えて祭祀を行います。<br /><br />ヨモギで穢れを取り除き、火を焚いて天の神や祖先を祭るこの祭天の文化は<br /><br />古い書籍に記載されている周代の祭天の行事と<br /><br />まったく同じなのだそうです。<br /><br /><br /><br /><br />その他にも中国には祭天の習俗を残している民族は多く<br /><br />例えば広東省や福建省、江西省などに散在する客家にも<br /><br />冬至に天の神を祭るかつての古い習俗が残っています。<br /><br />彼らは今からおおよそ1600~1700年ほど前、<br /><br />中原の戦乱を避けるために南方へ移住した漢族でした。<br /><br />その冬至の様子は厳かであり和やかなもので、 <br /><br />門の外にテーブルを設け<br /><br />「冬至円」と呼ばれる団子や各種のお供えを並べ<br /><br />お香を焚いてろうそくを点します。<br /><br />こうして天の神を祭り、長寿や豊作、家族の幸せを祈るのです。<br /> <br />またその他にも、<br /><br />中国の北方に住む満州族の家庭の冬至では、<br /><br />庭に祖先を象徴する高い木竿を立て祭る儀式を行います。<br /><br />その夜、庭にむしろを敷いてお供えを並べ、<br /><br />天地の神や祖先の木竿に向かってひざまずき、<br /><br />天の神と祖先の加護を祈り、祭祀が済むと、<br /><br />供えてあった豚肉を水炊きし<br /><br />親族一家で分け合って食べるのでした。<br /><br />それを特に「吃白肉」と呼ぶ風習がありますが、<br /><br />これも地方によっては羊の肉を供する所もあるのだとか。<br /><br />この「高い木竿」というのは<br /><br />シャーマニズムではよく現れる象徴的なものであり<br /><br />神や霊の依代であったりまた異界への階段を意味していたりする事が多く<br /><br />この祭天という儀式が 冬至という文化を超えて<br /><br />古い古いシャーマニズムの香りを残している事を感じます。<br /><br />(これが日本では「木」や鳥居へと変化していくという説もあるのですよ)<br /><br /><br />なんにせよ「吃白肉」とは<br /><br />神様やご先祖様へ御供えしたお下がりを<br /><br />皆で頂くという大切なお福分けのイベントなのですね。<br /><br /><br /><br />このように冬至を意識すると言う事は<br /><br />即ち 神を意識する事でもあり<br /><br />実は非常に意味深い事なのです。<br /><br /><br /><br />いよいよ冬至まで後わずか。<br /><br />これまで長い間ブログを書いてきましたが<br /><br />こんなに冬至について書くのは多分初めてだと思います(笑)<br /><br />次回は 冬至の開運食や開運アクションについてですので<br /><br />どうぞ飽きずにお読みいただけましたら嬉しく思います^^<br /><br /><br /></font><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-12-18 (Sun)
  • Category : ☆開運
1288

【開運】冬至は小豆で開運!:韓国

ここ何年か日本は韓国文化のブームが続いていますね。昨年はコスメが、今年はK-POPが大ブレイクしました。そんな韓国は、非常に伝統を重んじる国。グレゴリオ暦と呼ばれる普段私達が使っているカレンダーを使いつつ日常は旧暦(月の暦なので別名太陰暦とも)によって生活をしています。ちょっと乱暴な言い方をしてしまえば太陽の暦(グレゴリオ暦)と月の暦(太陰暦)を二つ同時にバランスをとって使っているのが韓国の文化なので... <a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b31cf952.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b315ba6b.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br /><br /><br /><font color="#0066FF">ここ何年か日本は韓国文化のブームが続いていますね。<br /><br />昨年はコスメが、今年はK-POPが大ブレイクしました。<br /><br />そんな韓国は、非常に伝統を重んじる国。<br /><br />グレゴリオ暦と呼ばれる普段私達が使っているカレンダーを使いつつ<br /><br />日常は旧暦(月の暦なので別名太陰暦とも)によって生活をしています。<br /><br />ちょっと乱暴な言い方をしてしまえば<br /><br />太陽の暦(グレゴリオ暦)と月の暦(太陰暦)を<br /><br />二つ同時にバランスをとって使っているのが韓国の文化なのです。<br /><br />例えばよく知られているように<br /><br />韓国ではお正月は新暦と旧暦の二回存在します。<br /><br />実はこれはアジアの国ではあちこちで行われており、<br /><br />逆に日本のようにすっぱりと改暦して<br /><br />旧暦が生活に影響しなくなっている方が珍しいのかもしれません。<br /><br /><br /><br />この旧暦は中国の影響を強く受けた暦であるため<br /><br />やはり日本と同じように冬至(韓国語でトンジ)があります。<br /><br />二十四節気の一つであり大雪と小寒の間の毎年12月22日頃になっています。<br /><br /><br /><br />日本では冬至と言えば 柚子に南瓜が定番ですね。<br /><br />では韓国ではなんだと思いますか?<br /><br /><br /><br />実は 小豆粥(パッチュク)なんです。<br /><br /><br /><br />この小豆粥、日本で想像するお粥とはちょっと違い<br /><br />ぜんざいに近い感じの食べ物です。<br /><br />ただし日本のぜんざいと違い塩で味付けを行うので<br /><br />甘みは小豆それ自体の薄甘さのみになります。<br /><br />作り方はさほど難しいものではなく<br /><br />柔らかくなるまでコトコトと煮たアズキを裏漉ししたところへ<br /><br />2時間程水につけておいた米を加えて30分程かき混ぜて出来上がり。<br /><br />仕上げにお餅や白玉を乗せていただきます。<br /><br />お餅といってもトックといい、餅米では作った餅ではないので<br /><br />日本のお餅のように柔らかく延びるような事はありません。<br /><br /><br /><br />さて では 何故冬至に小豆粥を食べるのでしょうか?<br /><br /><br /><br />実はパッチュクを食べる理由は小豆の赤い色にあるのです。<br /><br /><br /><br />冬至の日とは1年の中でもっとも夜が長く、昼の短い日。<br /><br />すなわち1年でもっとも陰の気が強い日と考えられています。<br /><br />古い時代、こうした陰の気が強い日には<br /><br />病気を司る鬼神がこの世を横行するという考えがありました。<br /><br />このような鬼神に行き会ったり憑かれた人は<br /><br />病にかかると信じられていたのです。<br /><br />そしてこの陰の気が強いもの <br /><br />即ち鬼神を追い払うためにはどうするかと考えた時<br /><br />逆に反対の陽の気が強いものを身につければ<br /><br />鬼神は逃げていくのではないかということになったのです。<br /><br />小豆のような赤い色は伝統的に陽の気を持つと考えられており<br /><br />特に好んで冬至の日の魔除けの食事として<br /><br />食べられるようになったというわけです。<br /><br />つまりベースにあるのは陰陽五行の考えなのですね。<br /><br /><br /><br />赤は五行でいえば火<br /><br />火は全てを焼き払う強い上昇する力です。<br /><br /><br /><br />小豆だけに留まらず <br /><br />赤という色の持つ邪を祓う聖なるイメージは<br /><br />再生する生命力と直結しています。<br /><br />例えば日本でも鳥居や巫女さんの緋袴<br /><br />また還暦のお祝いの赤いちゃんちゃんこなど<br /><br />聖なるものやおめでたいものには欠かせない色となっていますし<br /><br />食べ物の中で 煮てもその色を失わない小豆は<br /><br />それこそ日本でも<br /><br />小正月に小豆粥を食べて1年の健康を願うという<br /><br />韓国の冬至と日にち違いのそっくりな風習にも使われています。<br /><br />なにより日常でおめでたい時にお赤飯を炊くという習慣も<br /><br />赤の力を利用した呪術的な食事なのです。<br /><br /><br /><br />ところで そんな邪気を祓う小豆は<br /><br />韓国ではただ食べるだけではなく<br /><br />家の門に撒いて災難を祓うことも行われてきました。<br /><br />ただしこちらは建物が汚れるので近年は少なくなったようですが、<br /><br />日本でもちょっぴり似ている行事として<br /><br />京都の東林院で「小豆粥散飯式」というものが行われています。<br /><br />これは1年の邪気を祓うもので<br /><br />僧侶の読経のなか<br /><br />小豆粥を少量とりわけ境内の木々にお供えするという行事です。<br /><br /><br /><br /><br />しかし 小豆の赤の色で良ければ<br /><br />そのまま御供えすれば良い気もしますね。<br /><br />何故 小豆粥にするのでしょうか?<br /><br /><br /><br />この小豆のお粥については韓国では<br /><br />1849年に洪錫謨が朝鮮の歳時記を書いた『東国歳時記』という本の中で<br /><br />小豆粥を季節料理として食べる他に、お供え物としたり、<br /><br />家の門扉にまいて災難を払っているということが既に書かれています。<br /><br />1849年とは李氏朝鮮の時代であり<br /><br />最後の国王高宗の一代前の哲宗が即位した年。<br /><br />日本では江戸時代に当たります。<br /><br /><br />さらに歴史を遡ぼってみると<br /><br /> 中国の六朝時代 梁の宗懍が著した年中行事記で<br /><br />民間のものとしては現存最古『荊楚歳時記』という本に行き当たります。<br /><br />この本は揚子江中流域を中心とした荊楚地方の年中歳時記について書いたものですが<br /><br />「共工氏の息子が冬至の日に亡くなり疫鬼となった。<br />彼が赤豆を恐がったため、冬至の日にはアズキ粥を作って疫を払うようになった」<br /><br />と書かれています。<br /><br />これが小豆粥が鬼神を祓う為に使われた最古の記録であり<br /><br />この風習が韓国へ伝わり、<br /><br />そして今も冬至には魔除けを願い小豆粥を食べる習俗になっているのです。<br /><br />6世紀と言えば日本では聖徳太子のいた時代です。<br /><br />そんな遠い昔から邪なものを祓うとされてきた小豆粥<br /><br />さらにそれは日本へ伝わり<br /><br />小豆は特別な力を持つ食べ物として<br /><br />おめでたい時に登場するようになったというわけなのでした。<br /><br /><br />こうやって歴史を知ると<br /><br />小豆のパワー 見直したくなりますね。</font><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a>
  • Date : 2011-12-17 (Sat)
  • Category : ☆開運
1287

太陽の祝祭!『冬至』を知ろう。

先日の満月の日の『おひさま』一日ごとに寒さが増す教このごろですね。早朝車を運転しようとすると、真っ白に凍り付いているようになりました。毎日お日様が照らす時間が少なくなって世界は陰の極まりへと向かっています。この陰が極まると冬至がやってくるわけです。簡単に言えば一年の間で昼が最も短く 夜が最も長くなる日ですね。今年の冬至は12月22日の午前05:31。占星学ではその瞬間から山羊座が始まります。多くの文化圏で... <a id="i11673775181" class="detailOn" href="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b2ce3b08.jpg"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/n/hanuru7rose/blog_import_4ef68b2ce3b08.jpg" alt="$霊能者ハヌルのheart mind and soul" border="0" /></a><br />先日の満月の日の『おひさま』<br /><br /><br /><br /><font color="#0066FF">一日ごとに寒さが増す教このごろですね。<br /><br />早朝車を運転しようとすると、<br /><br />真っ白に凍り付いているようになりました。<br /><br /><br />毎日お日様が照らす時間が少なくなって<br /><br />世界は陰の極まりへと向かっています。<br /><br />この陰が極まると冬至がやってくるわけです。<br /><br />簡単に言えば<br /><br />一年の間で昼が最も短く 夜が最も長くなる日ですね。<br /><br /><br />今年の冬至は12月22日の午前05:31。<br /><br />占星学ではその瞬間から山羊座が始まります。<br /><br /><br />多くの文化圏で冬至を祝日として、<br /><br />また重要な伝統行事の日として祝いますが、<br /><br />中でも最もよく知られてるのはクリスマスですね。<br /><br />クリスマスが実はキリストの誕生日ではなく<br /><br />キリスト教以前にあった冬至の祭りの日が由来であるというのは<br /><br />とても有名な説です。<br /><br /><br />同じ様に、<br /><br />イランのヤルダ(Yalda:冬至の日に年長者の家に集まって祝う)、<br /><br />古代ローマのサトゥルナリア祭(闇を追い払う冬至の祭)、<br /><br />スラブ地方の Korochun(古い太陽が 邪悪な力により敗北し再新生するのを祝う冬至祭)、<br /><br />ユダヤ教のハヌカー(エルサレム神殿の奪回を記念する祭り)、<br /><br />北欧のユール(Yule:太陽が再び力強い生命を持つ冬至を新年とする祭り)<br /><br />等々が冬至のこの時期に祝われています。<br /><br />アジア圏では中国で行われていた冬至という名前で習俗が広まりました。<br /><br />私達が日本の伝統行事だと思っている冬至も<br /><br />実はこのように太陽の光を意識した世界的なイベントなのです。<br /><br /><br />いにしえの時代の人々は<br /><br />太陽の光が生活の根幹を貫いていました。<br /><br />太陽の光の射す長さで時間をはかったり<br /><br />角度で季節を刻んだり 時には日光で火を起こしたり。<br /><br />世界のどこの国にも必ず <br /><br />太陽を神格化した神の伝説が残っています。<br /><br /><br /><br />そんな太陽の光が一年で一番短くなる冬至は<br /><br />古い時代の人々にとって<br /><br />それはそれは重要な意味合いを持つようになり<br /><br />様々な聖なる技術を生み出しました。<br /><br />そして時代が下り<br /><br />現代の私達は伝統行事として<br /><br />邪気払いで柚子湯に入ったり 南瓜を食べたり。<br /><br /><br /><br />冬至まであと1週間あまり。<br /><br />明日から何回か<br /><br />今年の冬至を楽しみながら開運を行っていただく為の<br /><br />幾つか開運アクションをご紹介していこうと思います。</font><br /><br /><br /><br /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/107.gif" alt="携帯" />の方はコチラをお願いします<img src="http://emoji.ameba.jp/img/user/ke/keicyon/435505.gif" alt="ラブラブ" border="0" /><img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/283.gif" alt="右矢印" /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://mental.blogmura.com/healing/ranking_out.html"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000068716.jpg" width="160" height="60" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a> <a href="http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=hanuru-sparkmeter"><img alt="読者登録してね" src="http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/decoPeta/pc/decoPeta_22.gif"></a><br /><br />
  • Date : 2011-12-15 (Thu)
  • Category : ☆開運
    Return to Pagetop